AR# 46892

IBERT デザイン アシスタント - プリエンファシス/ポストエンファシスの高速シリアル インターフェイスへの影響

説明


ザイリンクスの高速トランシーバー内には、特定インターフェイスに調整できるプリエンファシス/ポストエンファシスのオプションがあります。このオプションはどのように機能しますか。またボードのシリアル インターフェイスにはどのような影響を与えますか。

注記 : このアンサーは、ザイリンクス ChipScope ソリューション センター (ザイリンクス アンサー 45310) の一部です。ザイリンクス ChipScope ソリューション センターには、ChipScope ツールに関する質問を解決するのに役立つ情報が記載されています。ChipScope ツールを使用して新しいデザインを作成する場合や、問題をトラブルシュートする場合は、ChipScope ソリューション センターで必要な情報を検索してください。

ソリューション


プリエンファシス/ポストエンファシスの属性は、ダウンストリーム デバイスのデータ ウィンドウを開けるのに使用できます。長いケーブル上で高速にデータ送信を行っている場合、インターフェイスのシグナル インテグリティはデータ回復が不可能な状態まで劣化する可能性があります。プリエンファシス/ポストエンファシスを調節することで、データ回復ができるようにデータ ウィンドウを開けることができます。

『Virtex-4 RocketIO マルチギガビット トランシーバ ユーザー ガイド 』 (UG076:http://japan.xilinx.com/support/documentation/user_guides/ug076.pdf) に、プリエンファシス/ポストエンファシスに関する記述があります。詳細は UG076 の「Output Swing and Emphasis」のセクションを参照してください。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
45310 ザイリンクス ChipScope ソリューション センター N/A N/A

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
46142 IBERT デザイン アシスタント - IBERT を使用してトランシーバー設定を特定のボード コンフィギュレーション用に最適化する方法 N/A N/A
AR# 46892
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール 詳細 概略
IP 詳細 概略