UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 47087

AutoESL 2011.x : ModelSim/SystemC のライセンス

説明

AutoESL で VHDL または Verilog シミュレーションを実行しようとすると、ModelSim で SystemC シミュレーションを実行するライセンスがないというエラー メッセージが表示されます。 

エラー メッセージは次のとおりです。

# Model Technology ModelSim PE sccom 6.6d compiler 2010.11 Nov 2 2010
# ** Error: (sccom-95) Your installation directory does not contain the appropriate GNU C++ compiler. Download and install the tarball from the ftp site (gcc-4.2.1-mingw32vc9.zip).
#
# ** Error: c:/mentor/modeltech_pe_6.6d/win32pe/sccom failed.
# Executing ONERROR command at macro ./autosim.modelsim.scr line 78
@E [SIM-1] *** AutoSim finished: FAIL ***

while executing:

"::AESL_AUTOSIM::auto_sim "$args" "
@I [LIC-101] Checked in features [ AUTOESL_FLOW AUTOESL_OPT AUTOESL_SC AUTOESL_XILINX ]

ソリューション

この問題は、C テストベンチが SystemC テストベンチに変換され、このテストベンチを ModelSim でコンパイルする必要があるために発生します。

この段階で g++ コンパイラが見つかりません。


SystemC 検証を実行するには、ModelSim に、エラー メッセージのとおり個別の GCC コンパイラ パッケージをインストールする必要があります。

ModelSim インストール ガイドにこの方法について記載した注記があり、Mentor Graphic 社のウェブサイトおよびアプリケーション ノートにも SystemC 検証に関する一部情報が記載されています。 

 

ただし、固有ライセンスは必要です。 

Mentor 社にお問い合わせの上、SystemC サポート用の仮のライセンスを取得してください。

 

アプリケーション ノートはこのアンサーに添付されています。 

これらはすべて ModelSim のセットアップに関する問題で、AutoESL 固有の問題ではありません。

 

添付ファイル

関連添付ファイル

タイトル サイズ ファイルタイプ
ModelSim SE Installation and Licensing Guide 242 KB PDF
SystemCVerif ApNote_4.pdf 405 KB PDF
AR# 47087
日付 03/13/2015
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール
  • AutoESL
このページをブックマークに追加