UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 47128

Virtex-7 FPGA GTH トランシーバーのデザイン アドバイザリ - 初期エンジニアリング サンプル (IES) の属性アップデート、問題、回避策

説明

このアンサーでは、Virtex-7 FPGA GTH トランシーバーの初期エンジニアリング サンプル (IES) の属性アップデート、問題、回避策を示します。

ソリューション


1. 初期エンジニアリング サンプル (ES) シリコン用の GTH トランシーバー属性のアップデート

次の表の [ISE 14.1] 列に、初期 ES シリコンで信頼性のある動作を得るために必要な GTH 属性のアップデートを示します。

[ISE 14.1] 列に示されている属性アップデートは、ISE 14.2/Vivado 2012.2 以降のツールで 7 Series FPGA Transceiver Wizard v2.2 を使用すると生成できます。

GTH 属性
属性

ISE 13.4 デフォルトISE 14.1DFELPM
RX_CM_TRIM4'b01004'b1010(1)
BIAS_CFG64'h064'h0000040000001050(2)
ES_EYE_SCAN_ENFALSETRUE

ES_HORZ_OFFSET12'h012'h000
ADAPT_CFG020'h020'h00C10
PMA_RSV232'h032'h1C00000A
PMA_RSV415'h015'h0008
RX_BIAS_CFG24'h024'h0C0010
RX_DFE_AGC_CFG13'h23'h43'h43'h2
RX_DFE_GAIN_CFG23'h181C0F23'h0000C023'h0020C023'h0020C0
RX_DFE_H2_CFG12'h1E012'h000
RX_DFE_H3_CFG12'h1E012'h040
RX_DFE_H4_CFG11'h0F011'h0E0
RX_DFE_H5_CFG11'h0F011'h0E0
RX_DFE_H6_CFG11'h011'h020(2)
RX_DFE_H7_CFG11'h011'h020(2)
RX_DFE_KL_CFG33'h0000003F033'h000000310
RX_DFE_KL_LPM_KH_CFG02'h12'h12'h22'h1
RX_DFE_KL_LPM_KL_CFG02'h12'h22'h22'h1
RX_DFE_KL_LPM_KL_CFG24'h34'h2
RX_DFE_LPM_CFG16'h016'h0080
RX_DFE_ST_CFG54'h054'h00_E100_000C_003F
RX_DFE_UT_CFG17'h03F0017'h03800

RX_DFE_VP_CFG17'h03F0017'h3AA3
RX_OS_CFG13'h03F013'h0080
RXLPM_HF_CFG14'h03F014'h0200
RXLPM_LF_CFG18'h003F018'h09000
PMA_RSV32'h032'h00000080
CFOK_CFG42'h000000000042'h248_0004_0E80(3)
CFOK_CFG26'b0000006'b100000

CFOK_CFG36'b0000006'b100000
RXOSCALRESET_TIMEOUT5'b011005'b00000
RXOSINTCFG4'b00004'b0110
RXOSINTEN1'b01'b1


PCIe Gen1 & PCIe Gen2 以外のすべてのプロトコル
PCIe Gen1 &Gen2
CPLL_CFG29'h00B007D824'h00BC07DC24'h00A407CC
PCS_RSVD_ATTR[8]1'b0(1)1'b0(1)

注記 :
1. デフォルト PCS_RSVD_ATTR[8] = 1'b0は、OOB パワーダウンを意味します。OOB 回路は、PCI Express、SATA/SAS などのアプリケーションでは電源オンにする必要があります。OOB を使用していないデザインの場合、RXELECIDLEMODE[1:0] は 2'b11 に、RXBUF_RESET_ON_EIDLE は FALSE に設定する必要があります。


ISE バージョンPPM 偏差分周、ライン レートRXCDR_CFG(4)RXCDR_LOCK_CFG (5)
ISE 13.4 デフォルト
83'h0_0011_07FE_4060_0108_00006'b001001
ISE 14.10、+/-200PPMRXOUT_DIV=1、>=8.5Gb/s83'h0_0011_07FE_4060_0104_10106'b010101
ISE 14.1+/- 700PPM
RXOUT_DIV=1、>=8.5 Gb/s
83'h0_0011_07FE_4060_2104_10106'b010101
ISE 14.10、+/-200PPMRXOUT_DIV=1、< 8.5 Gb/s83'h0_0011_07FE_4060_0104_10106'b010101
ISE 14.10、+/- 200PPMRXOUT_DIV=2、1.6 ~ 6.55 Gb/s83'h0_0001_07FE_2060_0110_10106'b010101
ISE 14.1+/- 700PPM、1250PPMRXOUT_DIV=2、1.6 ~ 6.55 Gb/s83'h0_0001_07FE_2060_2110_10106'b010101
ISE 14.10、+/- 200PPMRXOUT_DIV=4、0.8 ~ 3.275Gb/s83'h0_0001_07FE_1060_0110_10106'b010101
ISE 14.1+/- 700PPM、1250PPMRXOUT_DIV=4、0.8 ~ 3.275Gb/s83'h0_0001_07FE_1060_2110_10106'b010101
ISE 14.10、+/- 200PPMRXOUT_DIV=8、0.4 ~ 1.6375Gb/s83'h0_0001_07FE_0860_0110_10106'b010101
ISE 14.1+/- 700PPM、1250PPMRXOUT_DIV=8、0.4 ~ 1.6375Gb/s83'h0_0001_07FE_0860_2110_10106'b010101
属性ISE 13.4ISE 14.1 : VCO レート = 6.6Gb/s ~ 13.1Gb/s (QPLL/CPLL)ISE 14.1 : VCO レート = 1.6Gb/s ~ 6.6Gb/s (CPLL)
RXPI_CFG12'b02'b112'b0
RXPI_CFG22'b02'b112'b0
RXPI_CFG32'b02'b112'b11
RXPI_CFG41'b01'b01'b1
RXPI_CFG51'b01'b01'b1
RXPI_CFG63'b1003'b1003'b001
属性ISE 13.4 デフォルト
ライン レート <= 11.3Gb/sライン レート > 11.3 および <= 12Gb/sライン レート > 12 および <= 13.1Gb/s
QPLL_CFG27'h048018127'h04801C727'h04801C727'h0480187
QPLL_LOCK_CFG16'h21E816'h05E816'h01E816'h01E8
QPLL_CLKOUT_CFG4'b00004'b11114'b11114'b1111

注記 :
1. プログラマブルで、800mV に設定されます。
2. ISE バージョン 14.4 で手動で設定する必要があります。
3. シミュレーション時間を短縮するため、CFOK_CFG を別の値に設定する必要があります。詳細は (ザイリンクス アンサー 47318) を参照してください。
4. RXCDR_CFG 設定は暫定的なものであり、現在特性評価中です。最終的な設定は決定しだい追加されます。
5. RXCDRLOCK ポートはサポートされていません。RXCDRLOCK ポートは CDR ロックの大まかなインジケーターであり、入力データも確認することが推奨されます。

GTH ポート
ポート
ISE 13.4 デフォルトISE 14.1DFELPM
RXDFEAGCHOLD1'b01'b0収束後 1'b1(1)
RXDFEAGCTRL5'h005'h10
RXDFELFHOLD1'b0
1'b0収束後 1'b1(1)
RXLPMHFHOLD1'b01'b0収束後 1'b1(2)
RXLPMLFHOLD1'b01'b0収束後 1'b1(2)
RXDFEXYDEN1'b01'b1(3)

注記 :
1. DFE モードでは、AGC 調整値を固定するため、トレーニングの後に RXDFEAGCHOLD および RXDFELFHOLD をアサートする必要があります (DFE モードでの待機時間は TDLOCK = 1.0207E+08 ビット)。
2. LPM モードでは、LPM 調整値を固定させるため、トレーニングの後に RXLPMHFHOLD および RXLPMLFHOLD をアサートする必要があります (LPM モードの待機時間 TDLOCK は後で決定、DFE モードの上記の値を使用可能)。
3. RXDFEXYDEN は、ISE 14.1/Vivado 2012.1 の v2.1 以前のバージョンでは手動で 1'b1 に設定する必要があります。ISE 14.2/Vivado 2012.2 以降の v2.2 以降では、デフォルトで 1'b1 に設定されます。

2. 使用モード

2.1. GTH トランシーバーのアイ スキャン
RX_DATA_WIDTH が 20 および 40 の場合は、アイ スキャンはサポートされません。RX_DATA_WIDTH が 16、32、または 64 の場合、(ザイリンクス アンサー 47425) で説明される使用モードに従って、アイ スキャンが正しく動作されるようにする必要があります。

2.2. GTHE2_COMMON/BIAS_CFG 使用モデル変更

BIAS_CFG は GTHE2_COMMON モジュールの属性で、その値はチャネルを駆動する PLL によって変わります。正しい QPLL 設定は属性表にあります。ただし、正しい BIAS_CFG を伝搬させるには、次の使用モードに従う必要があります。そうでないと、BIAS_CFG がソフトウェア モデルで不正に 64'h0000000000000000 に設定されます。

7 series GTH Transceiver Wizard v2.1 以前のバージョンで正しい BIAS_CFG 値を使用するには、次の手順に従います。
  1. QPLL が区画で使用されていなくても、デザインで使用されている区画すべてに GTH2_COMMON をインスタンシエートします。
  2. ラッパーまたは UCF で BIAS_CFG の正しい値を定義します。

注記 :上記のように BIAS_CFG を設定した後、GTHE2_COMMON ブロックが最適化されてしまわないように、次の最小限の接続が必要です。

1. GTHE2_COMMON ポート GTREFCLK0 を入力基準クロックに接続します。
2. GTHE2_COMMON ポート QPLLOUTCLK を GTHE2_CHANNEL ポート QPLLCLK に接続します (区画で使用されているチャネルすべて)。
3. GTHE2_COMMON ポート QPLLREFCLKSEL を 3'b001 にします。

Verilog の gtwizard_v2_1.v ファイルまたは VHDL の gtwizard_v2_1.vhd ファイルに、GTHE2_COMMON をインスタンシエートする必要があります。gtwizard_v2_1 はデフォルト名であり、ウィザードの 1 ページ目で指定した名前に置き換えられます。GTHE2_COMMON インスタンシエーションは、ウィザードの QPLL を使用するサンプル デザインから取得できます。このアンサーに添付されている gt_wizard_v2_2.v および gt_wizard_v2_2.vhd ファイルに、2 つの GTXE2_COMMON がインスタンシエートされた例を示します。

ISE 14.2/Vivado 2012.2 以降の 7 Series GTH Transceiver Wizard v2.2 以降のバージョンでは、GTHE2_COMMON モジュールは自動的にインスタンシエートされます。

2.3. 終端使用モード :

異なる RX 終端使用モードは、(ザイリンクス アンサー 50146) を参照してください。

2.4. ACJTAG 使用モード :

ACJTAG 使用モードの詳細は、(ザイリンクス アンサー 52431) を参照してください。

3. 問題

3.1. 間違った GTH 抵抗キャリブレーション :

初期 ES シリコン デバイスの GTH 抵抗キャリブレーション回路で、予測される値に補正されない場合があります。詳細は、(ザイリンクス アンサー 50147) を参照してください。

注記 : 詳細な検証および解析が終了したら、GTH 抵抗キャリブレーション回路には問題がないことがわかります。(ザイリンクス アンサー 50147) の回避策は実行する必要はないので、削除されるべきです。この問題のセクションは、今後のこのデザイン アドバイザリのアップデートで削除される予定です。

4. GTH 初期 ES シリコン エラッタ項目

4.1. GTH トランシーバー リンク マージンの縮小 :

複数の GTH チャネルが使用されている場合、トランスミッター出力ジッターの増加およびレシーバー入力ジッター許容度の減少という形で、リンク マージンが縮小することがあります。詳細は、(ザイリンクス アンサー 50063) を参照してください。

4.2. RXOUTCLK ポート :

RXOUTCLKPCS または RXOUTCLKPMA パスを使用するようコンフィギュレーションされている場合、GTH トランシーバーの RXOUTCLK ポートで、ライン レートの 2 UI 分位相ジャンプが見られることがあります。この問題は GTH ライン レートが 8.5 Gb/s を超えると発生します。詳細は、(ザイリンクス アンサー 50064) を参照してください。

改訂履歴
2013/02/08 - PCS_RSVD_ATTR[8] および注記を追加
2013/01/23 - QPLL_CLKOUT_CFG を追加し PCIe Gen 1 & Gen 2 の CPLL_CFG をアップデート
2013/01/14 - Bias_cfgおよびqpll_cfg の値をアップデート
2012/10/16 - ACJTAG 使用モードを追加
2012/08/09 - GTHE2_COMMON/BIAS_CFG セクションを新しいインスタンシエーションでアップデート、サンプルを追加、ISE 14.2/Vivado 2012.2 の情報を追加
2012/07/27 - 問題がなく回避策も必要のなかった GTH 抵抗キャリブレーションのセクションをアップデート
2012/07/12 - 異なるライン レートの QPLL_CFG および QPLL_LOCK_CFG の値を変更し、GTH トランシーバーのリンク マージンの縮小に関するアンサーをアップデート
2012/06/28 - 属性およびポートのセクションで PMA_RSV2、RX_BIAS_CFG、RXDFEXYDEN の値をアップデート
2012/05/24 - GTHE2_COMMON 使用モードの変更、終端使用モード、初期 ES エラッタ項目のセクションを追加、抵抗キャリブレーションのセクションを修正
2012/05/14 - 抵抗キャリブレーションの問題のセクションを追加し、表の BIAS_CFG 値をアップデート
2012/05/02 - 初版




gtwizard_v2_2.v
gtwizard_v2_2.vhd

添付ファイル

関連添付ファイル

タイトル サイズ ファイルタイプ
gtwizard_v2_2.v 25 KB V
gtwizard_v2_2.vhd 33 KB VHD

アンサー レコード リファレンス

サブアンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
50063 7 シリーズ FPGA GTH トランシーバー初期 ES CES9937 シリコン - リンク マージンの減少 N/A N/A

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
42944 Virtex-7 FPGA デザイン アドバイザリのマスター アンサー N/A N/A
AR# 47128
日付 03/08/2013
ステータス アクティブ
種類 デザイン アドバイザリ
デバイス
  • Virtex-7
  • Virtex-7 HT
このページをブックマークに追加