UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 47304

Aurora 8B10B v8.1/64B66B v7.1 および 7 シリーズ Transceiver Wizard (ISE 14.1/Vivado 2012.1) - XQ7VX690T/TL RF1930 デバイス用に Aurora コア/GT ラッパーを生成する方法

説明

XQ7VX690T/TL RF1930 は ISE 14.1/Vivado 2012.1 で新しく追加されたデバイスです。Aurora (8B10B/64B66B) および 7 シリーズ Transceiver Wizard では、このデバイスのコアを生成できません。このアンサーは、このデバイス用に Aurora コアおよび GT ラッパーを生成する回避策を説明します。

ソリューション


Aurora/GT ウィザード コアは XC7VX690T/TL FFG1930 デバイス用に生成できます。

XQ7VX690T/TL RF1930 デバイス用に 7 シリーズ Transceiver Wizard で Aurora コアまたは Aurora GT ラッパーを生成する必要がある場合は、XC7VX690T/TL FFG1930 デバイスを選択してこのコア/ラッパーを生成します。このデザインは問題なく XQ7VX690T/TL RF1930 デバイスをターゲットにすることができます。

サンプル デザインで生成されたインプリメンテーション スクリプトが使用されている場合は、xst.scr ファイルで XC7VX690T/TL FFG1930 を XQ7VX690T/TL RF1930 デバイスに置き換えます。

改訂履歴 :
2012/04/13 - 初版
AR# 47304
日付 05/16/2012
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
IP
  • 7 Series FPGAs Transceivers Wizard
  • Aurora 8B/10B
  • Aurora 64B/66B
このページをブックマークに追加