UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 47328

7 シリーズ GTX/GTH トランシーバー - ループバック モードの制限事項

説明

このアンサーでは、7 シリーズ デバイスでループバックを使用する際の既知の制限事項について説明します。

ソリューション

NE PCS (LOOPBACK[2:0]="001")

RXBUFFER をバイパスすることはできません。
RXBUFFER は、TX と RX 間の位相の不一致を補正するために使用されます。

NE PMA (LOOPBACK[2:0]="010")

既知の制限はありません。

GTRXRESET は、Near-end PMA ループバックへの入力および出力後に必要です。 

FE PCS (LOOPBACK[2:0]="110")

TX と RX は RXUSRCLK を同期する必要があり、TXUSRCLK は同じソースから送信される必要があります。

FE PMA (LOOPBACK[2:0]="100")

TXBUFFER をバイパスすることはできません。
TXBUFFER は、TX と RX 間の位相の不一致を補正するために使用されます。

GTRXRESET は、Near-end PMA ループバックへの入力および出力後に必要です。

AR# 47328
日付 07/29/2014
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
  • Kintex-7
  • Virtex-7
IP
  • CPRI
  • OBSAI
このページをブックマークに追加