AR# 47390

14.1 ChipScope IBERT - 7 シリーズ GTH IBERT コアのビットストリームで一般的なビットストリーム名が使用される

説明

このアンサーでは、7 シリーズ GTH IBERT コアのビットストリームの命名規則に関する問題について説明します。

ソリューション


7 シリーズ GTH IBERT コアを使用する場合、出力ビット ファイルには一般的な命名規則が使用されます (例 : example_7sgth_ibert.bit)。 これは、別の名前で 2 つのデザインを生成する場合に問題となります。たとえば、デザインの 1 つに ibert_bank_113 という名前を付け、別のデザインに ibert_bank_114_115 という名前を付けるとすると、どちらのビット ファイルも同じ名前になり、どちらかのデザインが別のデザインのビット ファイルに上書きされてしまいます。

ビット ファイルが上書きされないようにするには、作成後にビット ファイル名を変更する必要があります。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
47769 14.x ChipScope Pro および 2012.x Vivado デバッグ ツール - 既知の問題 N/A N/A
AR# 47390
日付 01/21/2013
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
デバイス
ツール
IP