AR# 47504

SelectIO デザイン アシスタント - オンチップ終端のハードウェア問題のデバッグ

説明

このアンサーでは、オンチップ終端のハードウェア問題をデバッグする方法を説明します。

ソリューション

終端の問題をデバッグする場合は、信号のオシロスコープを用意しておくとよいでしょう。 

次の点に注意してください。

1) できる限りレシーバーに近い位置で、レシーバーの終端の後で計測してください。

2) パッケージ ピンにオンチップ終端のある信号のスコープショットを撮る場合は、それが終端の後であることを確認してください。ラインが終端されていない信号のようにみえます。 

ダイでは信号はこのようには見えません。まずピンでデザインをシミュレーションしてからダイでシミュレーションを実行してください。それからピンでの信号をスコープ ショットのものと比較します。

たとえば、ピンで DIFF_TERM=TRUE に設定されている LVDS 入力は次のようになります。



ダイでは次のようになります (終端の後):




外部終端が使用されている場合でも、パッケージのピンにはディップ/反射が見られますが、ダイでは問題はありません (緑 = ダイ、ピンク = ピン)。


 

  • VRN および VRP: 抵抗が正しいバンクに接続され配置されていること、または DCI カスケードが正しく設定されていることを確認します。
    VRN は VCCO に接続されているはずです ( VCC または VCCAUX ではありません)。VRP は GND に接続されているはずです。
  • 問題が発生している I/O が多目的コンフィギュレーション ピンの場合は、(Xilinx Answer 14887) を参照してください。
  • 差動信号のスコープ ショットを撮る場合は、差動プローブを使用します。
  • また、ほかの近接する I/O のスイッチをオフにするデバッグ方法もあります。
    近接する信号がスイッチしておらず、信号がクリーンな場合は、クロストークが発生している可能性があります。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
47225 SelectIO デザイン アシスタント - 伝送ラインの終端方法 N/A N/A
AR# 47504
日付 06/02/2017
ステータス アクティブ
種類 一般