UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 47533

Zynq-7000 AP SoC、SDIO - 自動 CMD12 が有効になっていると CMD12 が誤って再発行される

説明

自動 CMD12 コマンドの実行中、ソフトウェアがプログラムのステートをポーリングするために CMD13 などの別のコマンドを送信すると、この CMD は CMD ラインで駆動されるはずですが、CMD12 が再び駆動されます。

ソリューション


影響 : 深刻な問題ではありません。回避策を参照してください。

対象となるコンフィギュレーション : SDIO コントローラーを使用するシステム

対象となるデバイス リビジョン : すべて。修正の予定はありません。(ザイリンクス アンサー 47916) 「Zynq-7000 デバイスのデザイン アドバイザリ マスター アンサー レコード」を参照してください。


回避策

自動 CMD12 がイネーブルの場合、複数のブロック転送が実行されているときにデータ転送以外のコマンドを送信しないでください。データ転送以外のコマンドは、自動 CMD12 が完了し、転送完了割り込み (0x030 にあるレジスタのビット 1) で示されてから送信します。ソフトウェア ドライバーで、新しいコマンドの発行前にこの割り込みをポーリングします。

ソフトウェアが CMD18 または CMD25 を発行した後に自動 CMD12 を発行すると、コントローラーは次のように応答します。

1. CMD18/25 を送信します。
2. CMD18/25 の Command_Complete 割り込みを送信します。
3. CMD18/25 の Transfer_Complete 割り込みと自動 CMD12 を送信します。
AR# 47533
日付 09/06/2012
ステータス アクティブ
種類 デザイン アドバイザリ
デバイス
  • Zynq-7000
このページをブックマークに追加