AR# 47564

Zynq-7000 SoC、DDR - DDR I/O バッファーで外部 VREF がサポートされない

説明

DDR I/O バッファー (DDRIOB) では差動入力レシーバーが使用され、レシーバーへの 1 つの入力はデータに、もう 1 つは VREF (DDR VCC I/O の電圧の 1/2 に設定) と呼ばれる電圧基準ピンに接続されています。

DDRIOB では外部 VREF 機能はサポートされないので、VREF は内部電圧ソースから供給する必要があります。

ソリューション

影響:
深刻な問題ではありません。内部 VREF を使用してください。
回避策:
内部 VREF を使用する方法については、「ソリューション」セクションを参照してください。
対象となる
構成:
PS DDR メモリ コントローラーを使用するシステム
対象となるデバイス リビジョン:(Xilinx Answer 47916) を参照してください。 
内部 VREF 機能を使用してください。内部 VREF をイネーブルにするには、次の手順に従います。
  • DDRIOB_DDR_CTRL.VREF_EXT_EN を 00 に設定します(I/O の外部信号からの接続を解除)。
  • DDRIOB_DDR_CTRL.VREF_SEL を DDR 規格に従った適切な電圧に設定します (VREF = Vcco_ddr/2)。
  • DDRIOB_DDR_CTRL.VREF_INT_EN を 1 に設定し、内部 VREF ジェネレーターをイネーブルにします。
AR# 47564
日付 05/25/2018
ステータス アクティブ
種類 デザイン アドバイザリ
デバイス