AR# 47574

Zynq-7000、ブート - ErrorLockDown が発生したときに MIO ピンがトライステートにならない

説明

BootROM でエラーが検出され、システムが ErrorLockDown ステートになったときに、MIO I/O バッファーがトライステートになりません。

ソリューション

影響 :
あまり重要ではありません。機能上の問題はありません。今後のシリコン リビジョンで、この機能について動作が変更されたことを記載する予定です。
回避策 :
回避策は不要です。
対象となるコンフィギュレーション :
すべて
影響のあるデバイス リビジョン : 詳細は、Zynq-7000 デバイス アドバイザリ マスター アンサーを参照してください。


BootROM は、不正なブート モードを選択するなど、さまざまな原因で ErrorLockDown ステートになります。 ErrorLockDown が発生したら、ボード上の Zynq パーツおよびその他のデバイスが破損しないようにするため、シリコンによりすべての MIO がプルアップされ、トライステートにされるはずです。

AR# 47574
日付 08/07/2012
ステータス アクティブ
種類 デザイン アドバイザリ
デバイス