AR# 47580

Zynq-7000 SoC、DDR - LPDDR2 のバンクごとのリフレッシュがサポートされない

説明

LPDDR2 のバンクごとのリフレッシュ関数はサポートされません。

ソリューション

影響:

深刻な問題ではありません。

回避策:

回避策は、下記を参照してください。

影響する構成:

LPDDR2 モードの DDR メモリ コントローラーを 8 バンクで使用するシステム

影響するデバイス リビジョン: すべて修正予定なし。(Xilinx Answer 47916) - 「Zynq-7000 SoC デバイス - シリコン リビジョン間の相違点」を参照してください。

 

全体的な回避策として、バンクごとのリフレッシュではなく、全バンクのリフレッシュを使用するのが最善です (reg_ddrc_per_bank_refresh = 0 に設定する)。

この回避策が使用できない場合は、次のように問題を個別に解決することもできます。

  • 初期化中に、reg_ddrc_t_rfc_min を全バンクのリフレッシュに適した値に設定します。初期化が完了すると (ddrc_reg_operating_mode の監視によって検出される)、これはバンクごとのリフレッシュに適した値に変更できます。
  • CAM を 1 つのプライオリティにプログラムして、ハイ プライオリティのアクティベートを回避します。これは reg_ddrc_lpr_num_entries を 31 に設定すると回避できます。
  • 自動リフレッシュがイネーブルになっている場合、モード レジスタにはアクセスしないようにしてください。 MRW または MRR を実行する場合、reg_ddrc_dis_auto_refresh は 1 に設定する必要があります。また、自動 MRR が実行されないようにするには、自動温度軽減をディスエーブルにする必要があるので、reg_ddrc_derate_enable は 0 に設定する必要があります。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
47916 Zynq-7000 SoC デバイス - シリコン リビジョン間の相違点 N/A N/A
AR# 47580
日付 05/25/2018
ステータス アクティブ
種類 デザイン アドバイザリ
デバイス