AR# 47596

Zynq-7000 SoC、ブート - SPI データ フェーズ中に Quad-SPI 以外のブート モードの Quad-SPI コントローラーで HOLD_B が非アクティブに駆動されない

説明

JTAG、NOR、または NAND のブート モードが選択されていると、Quad-SPI の HOLD_B ピンが Low に保持され、コントローラーが Quad-SPI と通信できません。これは、MIO のピン 5 (Boot_Mode 選択の一部) が Low に接続されているからです。

ほかのブート モードが選択されている場合は、MIO のピン 5 は High になっているので問題はありません。

ソリューション

ブート デバイスが JTAG、NOR、または NAND の場合はシステムで Quad-SPI デバイスを使用しないでください。

Quad-SPI デバイスには HOLD_B/DQ3 という多目的ピンがあります。CS_B がアクティブのとき、アクティブ Low の HOLD_B により CLK および DIN がゲーティングされ、DOUT がトライステートになります。 

Quad-SPI ブート モードが選択されている場合は、High にプルアップされている HOLD_B/DQ3 が MIO のピン 5 にマップされます。この場合、Quad-SPI は適切に動作します。 

ただし、JTAG などのブート モードでは、MIO[5] は Low にプルダウンされます。QSPI がこれらのほかのブート モードで使用されている場合、Quad-SPI プロトコル フェーズによっては HOLD_B がアサートされ、Quad-SPI トランザクションが停止します。

 

影響:
深刻な問題ではありません。Quad-SPI デバイスを含め、そこからブートしないようにするのが望ましい状況は、非常にまれです。
回避策:
Quad-SPI デバイスがブート デバイスの場合のみ Quad-SPI デバイスを接続します。
対象となる構成:
Quad-SPI インターフェイスを使用するが、Quad-SPI モードでブートしないシステム
対象となるデバイス リビジョン:(Xilinx Answer 47916) を参照してください。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
52538 Zynq-7000 SoC - ブートおよびコンフィギュレーション N/A N/A

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
52143 14.x Zynq-7000 SoC Impact - ZC702 (7020 rev1.0 シリコン) に QSPI プログラムをするにはボードを QSPI モードにする必要がある N/A N/A
AR# 47596
日付 05/25/2018
ステータス アクティブ
種類 デザイン アドバイザリ
デバイス