UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 47603

AXI Bridge for PCI Express - BSB エンドポイントを複素根に変換する方法

説明

Base System Builder (BSB) を PCI Express Bridge に含めるとエンドポイント ブリッジが作成されます。このアンサーでは、このエンドポイント ブリッジを複素根に変換する方法を説明します。

ソリューション


エンドポイント ブリッジを複素根に変換するには次の手順に従ってください。
  1. C_INCLUDE_RC パラメーターが設定されていることを確認します。GUI ではこの設定は [USER] タブにあります。[Common Parameter Setting] に [Select to Configure the Bridge as a Root Complex] というオプションがあります。
  2. ECAM アドレス化可能メモリの容量が 1MB から 128MB の範囲にあることを確認します。ここで選択するサイズにより、ECAM アドレス化でインプリメントされるバスの数が決まります。メモリ容量サイズとそれに対応したバスの数については、次の表を参考にしてください。
  3. 必要ではありませんが、複素根が C_AXIBAR2PCIEBAR_# パラメーターの基本アドレスをダイナミックに変更するのは一般的です。この設定を行うには、C_INCLUDE_BAROFFSET_REG パラメーターを設定します。GUI では、C_INCLUDE_RC と同じ場所でこの設定ができ、[Enable the Registers for High-Order Address Translation on the Slave Bridge.] というオプションがそれです。
ECAM のサイズ
バス幅
1 MB
1
2 MB
2
4 MB
3
8MB
4
16MB
5
32MB
6
64MB
7
128MB
8

改訂履歴 :
2012/04/29 - 初版

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
44972 AXI Bridge for PCI Express のよく寄せられる質問 (FAQ) N/A N/A
AR# 47603
日付 03/06/2013
ステータス アクティブ
種類 一般
IP
  • AXI PCI Express (PCIe)
このページをブックマークに追加