AR# 47717

14.x ISE XST - 既知の問題

説明

このアンサーは ISE Design Suite 14.x の XST の既知の問題をリストしています。

各既知の問題には、その詳細を記載したアンサーへのリンクが示されています。

ソリューション

14.1 で XST 修正された問題


(Xilinx Answer 46350) XST - スタック容量が 32M に設定されていても XST でスタック容量が不足する
(Xilinx Answer 41013) 13.1 XST - MAC を減算に使用する場合に DSP48E が正しく推論されない
(Xilinx Answer 46318) 13.4 - XST: option IOB = FORCE が IOB = TRUE と同じように機能しない
(Xilinx Answer 44586) 13.2 Verilog $clog2 関数が正しくインプリメントされていない

14.2 XST で修正された問題

(Xilinx Answer 47226) ポート幅が 2 のべき乗でない場合に XST で非対称 RAM はサポートされない

14.2 XST の既知の問題


(Xilinx Answer 47073) 13.4 XST - 合成中に「ERROR:HDLCompiler:1128」というエラー メッセージが誤って表示される
(Xilinx Answer 42228) 13.1 XST - ChipScope コアのロジックがデザインに追加されると、XST がローカルのクロック信号に BUFG を挿入する
(Xilinx Answer 44372) 13.3 - 「ERROR:HDLCompiler:69 - ''<*>.v'' Line 24: <TESTONE> is not declared.」というエラー メッセージが表示される
(Xilinx Answer 46565) 13.4 XST - 元のデザインにダミー ポート p1 がないのに XST でそのポートが追加される
(Xilinx Answer 46162) 13.4 XST - フリップフロップの数が n>=5 で (2^n)+1 の場合にダイナミック シフト レジスタが推論されない
(Xilinx Answer 45245) 13.3 XST - Verific パーサーのネット保存の属性が false になっていても SRL 自動推論ができない
(Xilinx Answer 44282) 13.2 XST - MMCM に対応する派生制約が最適化で考慮されない
(Xilinx Answer 53319) ISE 14.x XST - メモリ記述に関して異なるコンディションで異なるデータを同じアドレスに書き込むことは XST 14.2 で可能か

14.3 XST の既知の問題


(Xilinx Answer 47073) 13.4 XST - 合成中に「ERROR:HDLCompiler:1128」というエラー メッセージが誤って表示される
(Xilinx Answer 42228) 13.1 XST - ChipScope コアのロジックがデザインに追加されると、XST がローカルのクロック信号に BUFG を挿入する
(Xilinx Answer 44372) 13.3 - 「ERROR:HDLCompiler:69 - ''<*>.v'' Line 24: <TESTONE> is not declared.」というエラー メッセージが表示される
(Xilinx Answer 46565) 13.4 XST - 元のデザインにダミー ポート p1 がないのに XST でそのポートが追加される
(Xilinx Answer 46162) 13.4 XST - フリップフロップの数が n>=5 で (2^n)+1 の場合にダイナミック シフト レジスタが推論されない
(Xilinx Answer 45245) 13.3 XST - Verific パーサーのネット保存の属性が false になっていても SRL 自動推論ができない
(Xilinx Answer 44282) 13.2 XST - MMCM に対応する派生制約が最適化で考慮されない
(Xilinx Answer 53319) ISE 14.x - XST - メモリ記述に関して異なるコンディションで異なるデータを同じアドレスに書き込むことは XST 14.2 で可能か

14.4 XST で修正された問題

(Xilinx Answer 53319) ISE 14.x - XST - メモリ記述に関して異なるコンディションで異なるデータを同じアドレスに書き込むことは XST 14.2 で可能か

14.4 XST の既知の問題


(Xilinx Answer 47073) 13.4 XST - 合成中に「ERROR:HDLCompiler:1128」というエラー メッセージが誤って表示される
(Xilinx Answer 42228) 13.1 XST - ChipScope コアのロジックがデザインに追加されると、XST がローカルのクロック信号に BUFG を挿入する
(Xilinx Answer 44372) 13.3 - 「ERROR:HDLCompiler:69 - ''<*>.v'' Line 24: <TESTONE> is not declared.」というエラー メッセージが表示される
(Xilinx Answer 46565) 13.4 XST - 元のデザインにダミー ポート p1 がないのに XST でそのポートが追加される
(Xilinx Answer 46162) 13.4 XST - フリップフロップの数が n>=5 で (2^n)+1 の場合にダイナミック シフト レジスタが推論されない
(Xilinx Answer 45245) 13.3 XST - Verific パーサーのネット保存の属性が false になっていても SRL 自動推論ができない
(Xilinx Answer 44282) 13.2 XST - MMCM に対応する派生制約が最適化で考慮されない

14.5 XST で修正された問題

(Xilinx Answer 54218) ISE 14.4 - XST で間違ったロジックが生成され加算器ツリーに関してシミュレーション不一致が発生する

14.5 XST の既知の問題


(Xilinx Answer 47073) 13.4 XST - 合成中に「ERROR:HDLCompiler:1128」というエラー メッセージが誤って表示される
(Xilinx Answer 42228) 13.1 XST - ChipScope コアのロジックがデザインに追加されると、XST がローカルのクロック信号に BUFG を挿入する
(Xilinx Answer 44372) 13.3 - 「ERROR:HDLCompiler:69 - ''<*>.v'' Line 24: <TESTONE> is not declared.」というエラー メッセージが表示される
(Xilinx Answer 46565) 13.4 XST - 元のデザインにダミー ポート p1 がないのに XST でそのポートが追加される
(Xilinx Answer 46162) 13.4 XST - フリップフロップの数が n>=5 で (2^n)+1 の場合にダイナミック シフト レジスタが推論されない
(Xilinx Answer 45245) 13.3 XST - Verific パーサーのネット保存の属性が false になっていても SRL 自動推論ができない
(Xilinx Answer 44282) 13.2 XST - MMCM に対応する派生制約が最適化で考慮されない

14.6 XST で修正された問題

(Xilinx Answer 54218) ISE 14.4 - XST で間違ったロジックが生成され加算器ツリーに関してシミュレーション不一致が発生する

14.6 XST の既知の問題


(Xilinx Answer 47073) 13.4 XST - 合成中に「ERROR:HDLCompiler:1128」というエラー メッセージが誤って表示される
(Xilinx Answer 42228) 13.1 XST - ChipScope コアのロジックがデザインに追加されると、XST がローカルのクロック信号に BUFG を挿入する
(Xilinx Answer 44372) 13.3 - 「ERROR:HDLCompiler:69 - ''<*>.v'' Line 24: <TESTONE> is not declared.」というエラー メッセージが表示される
(Xilinx Answer 46565) 13.4 XST - 元のデザインにダミー ポート p1 がないのに XST でそのポートが追加される
(Xilinx Answer 46162) 13.4 XST - フリップフロップの数が n>=5 で (2^n)+1 の場合にダイナミック シフト レジスタが推論されない
(Xilinx Answer 45245) 13.3 XST - Verific パーサーのネット保存の属性が false になっていても SRL 自動推論ができない
(Xilinx Answer 44282) 13.2 XST - MMCM に対応する派生制約が最適化で考慮されない

14.7 XST で修正された問題

(Xilinx Answer 54218) ISE 14.4 - XST で間違ったロジックが生成され加算器ツリーに関してシミュレーション不一致が発生する


14.7 XST の既知の問題


(Xilinx Answer 47073) 13.4 XST - 合成中に「ERROR:HDLCompiler:1128」というエラー メッセージが誤って表示される
(Xilinx Answer 42228) 13.1 XST - ChipScope コアのロジックがデザインに追加されると、XST がローカルのクロック信号に BUFG を挿入する
(Xilinx Answer 44372) 13.3 - 「ERROR:HDLCompiler:69 - ''<*>.v'' Line 24: <TESTONE> is not declared.」というエラー メッセージが表示される
(Xilinx Answer 46565) 13.4 XST - 元のデザインにダミー ポート p1 がないのに XST でそのポートが追加される
(Xilinx Answer 46162) 13.4 XST - フリップフロップの数が n>=5 で (2^n)+1 の場合にダイナミック シフト レジスタが推論されない
(Xilinx Answer 45245) 13.3 XST - Verific パーサーのネット保存の属性が false になっていても SRL 自動推論ができない
(Xilinx Answer 44282) 13.2 XST - MMCM に対応する派生制約が最適化で考慮されない
AR# 47717
日付 02/06/2018
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
ツール 詳細 概略