UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 47909

14.1 EDK - KC705 でアプリケーションをフラッシュから起動する方法

説明


このアンサーでは、Kintex KC705 ボード上のパラレル BPI フラッシュから DDR リンク アプリケーションをブートロードする方法を説明しています。

これは、MicroBlaze プロセッサ、DDR、フラッシュ、および UART-Lite ペリフェラルのみを使用する最小限のデザインです。使用するアドレスはデモ用で、エンド ユーザーは必要に応じてこれを変更できます。

ソリューション

リニア フラッシュの使用 (BPI)

  1. KC705 の MODE ピンが M[2:0] = 010 に設定されていることを確認します。
  2. XPS でハードウェアを構築します。
  3. Base System Builder で ML705 を選択します。
  4. ペリフェラルとして DDR、Linear Flash、および UARTLITE を選択します。
  5. 最後のページまで [Next] をクリックし、[Finish] をクリックします。
  6. [Project] → [Export Hardware Design to SDK] をクリックします。
    • [Include bitstrem and BMM file] がオンになっていることを確認します。
  7. SDK が起動したら、次の 2 つのザイリンクス C プロジェクトを作成します ([File] → [New])。
    • Hello World
    • SREC Bootloader
  8. 各プロジェクトのリンカー スクリプトが正しいメモリ ロケーションを指定していることを確認します (アプリケーションを右クリックし、[Generate Linker Script] をクリック)
    • SREC Bootloader = BRAM
    • Hello World = DDR
  9. SREC Bootloader プロジェクトの blconfig.h ファイルを開きます。
    • アドレスを system.xml の FLASH BASEADDR + 0x0120 0000 オフセットに設定します。
    • たとえば、FLASH が 0x7600 0000 から開始する場合は、アドレスを 0x7720 0000 に設定します。
  10. Ctrl + B を押して両方のアプリケーションを構築します。
  11. [Xilinx Tools] → [Program FPGA] をクリックし、その ELF ファイルを選択して SREC Bootloader を FPGA にダウンロードします。
    • エラーが発生するはずです。この操作では、DATA2MEM が実行され、SREC Bootloader を含む download.bit が取得されるだけです。
  12. [Xilinx Tools] → [Program Flash] をクリックします。
  13. Hello World ELF ファイルを選択します。このファイルは、通常 workspace_dir/hello_world_0/Debug/hello_world_0.elf にあります。
  14. [Convert to Bootable SREC format] をオンにします。
  15. フラッシュ オフセットを 0x01200000 に設定します。
  16. フラッシュをプログラムします。
  17. SDK に戻り、[Xilinx Tools] → [Launch Shell] をクリックします。
  18. 次のように入力します。
    • promgen -p bin -c FF -o swapped.bin -data_file up 0 hello_world_0.elf.srec -w
    • hello_world_0.elf.srec は、srec が保存されている場所を指定する必要があります。通常は hw_platform_0/cache の下にあります。
  19. iMPACT を起動します。
  20. 左側にある [Create PROM file] をクリックします。
  21. [BPI Flash] → [Configure Single FPGA] をクリックし、緑色の矢印をクリックします。
  22. [Step 2] の [Target FPGA] で [Spartan6] を選択します。
  23. [Storage Device] を [32M] に設定します。
  24. 緑の矢印をクリックします。
  25. 保存場所を選択します。
  26. [File Format] を [MCS] に設定します。
  27. [Data Width] を [x16] に設定します。
  28. [Add Non-Configuration Files] を [Yes] に設定します。
  29. [OK] をクリックします。
  30. リビジョン 0 までデバイス ファイルを追加するため [OK] をクリックします。
  31. hw_platform_0/ フォルダーにある download.bit を選択します。
  32. ほかのデバイス ファイルを追加しないでください。
  33. 手順 18 で作成した swapped.bin ファイルをコンフィギュレーションしないデータ ファイルとして追加します。
  34. アドレス 0x0090 0000 に追加します。
  35. 左側にある [Generate] をクリックします。
  36. バウンダリ スキャンを初期化します。
  37. デバイスを右クリックし、[Add SPI/BPI Flash] をクリックします。
  38. 手順 25 で作成した MCS を割り当てます。
  39. デバイスのフラッシュを右クリックし、[Program] をクリックします。
  40. これで完了です。
AR# 47909
日付 01/27/2013
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール
  • EDK - 14.1
このページをブックマークに追加