AR# 47924

MIG 7 シリーズ ソリューション センター - デザイン アシスタント - DDR3 の JEDEC 仕様 - ZQ キャリブレーション

説明


このアンサーでは、MIG 7 Series FPGA DDR3 に適用される JEDEC で定義されている ZQ キャリブレーションについて説明します。

注記 : このアンサー レコードは、ザイリンクス MIG ソリューション センター (ザイリンクス アンサー 34243) の一部です。ザイリンクス MIG ソリューション センターは、MIG に関する質問を解決するのに役立つ情報を掲載しています。MIG を含むデザインを新しく作成する場合、または問題をトラブルシュートする場合は、このザイリンクス MIG ソリューション センターから情報を入手してください。

ソリューション


バックグラウンド
ZQ キャリブレーション コマンドは、DRAM ODT および RON の値をキャリブレートするのに必要です。DRAM でのこのキャリブレーション実行には、初期化中は長時間必要 (ZQCL) で、初期化後は短時間で済みます (ZQCS)。MIG 7 Series デザインには、DDR3 JEDC 規格に準拠する ZQ Short (ZQCS) および ZQ Long (ZQCL) キャリブレーション コマンドが含まれています。ZQ キャリブレーション コマンドは JEDEC 仕様の JESD79-3 DDR3 SDRAM のセクション 5.5 に記述されています。
ZQ Short キャリブレーション コマンドは、電圧と温度の変動を考慮してチップ上の終端 (ODT) が規則的な間隔でキャリブレーションされるようにします。JEDEC 規格で定義されているように、ZQCS コマンドの間隔は次のように決定されるべきです。

ZQCorrection
(TSens x Tdriftrate) + (VSens x Vdriftrate)

最上位パラメーターの tZQI で定義される自動タイマーを使用し、MIG 7 Series デザインではデフォルトでこの間隔が 128ms に設定されます。VT ドリフト特性を基に異なる間隔をユーザーが選択することができます。



ユーザー リクエストされた ZQCS コマンド

自動タイマー ZQ Short キャリブレーション コマンドの代わりに、ユーザー デザインが適当なタイミングでコマンドを明示的に送信することができます。app_zq_req をアサートすると ZQCS コマンドが 1 つ出力されます。app_zq_ack が返されるとコマンドが出力されたことが認識されます。DDR バスがアイドル状態のときにこのコマンドを使用すると、バンド幅および読み出し/書き込みのタイミングを最適化できます。

改訂履歴
2012/9/7 - 初版

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

AR# 47924
日付 09/18/2012
ステータス アクティブ
種類 ソリューション センター
デバイス
IP