UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 499

XC4000/XC5200 - 内部クロックのトレランス

説明

キーワード : error, frequency, oscillator, OSC4, OSC5, XC4000, XC5200, clock, エラー, 周波数, オシレータ, クロック

重要度 : 標準

概要 :
XC4000/XC5200 デバイスの内部クロックのトレランスはいくつですか。

ソリューション

データブックで、XC4000/XC5200 の内部クロックの周波数拡散は、「+25% ~ -50%」と記述されています。 標準周波数が 8MHz の場合、周波数は温度および VCC によって 4 ~ 10MHz の間の値になります。

ただし、シリコンのリビジョンおよび高速形状化に対し、オシレータは 8MHz の標準周波数が維持できるように設計し直されませんでした。 このため、上位の周波数が指定した標準周波数の +250% (標準周波数 8MHz に対して 20MHz) にもなってしまうことがあります。

1 つの内部クロックがコンフィギュレーション (CCLK) および動作 (OSC4/OSC5) モードの両方に使用されるため、OSC の周波数はコンフィギュレーション中の CCLK の周波数を計測することで簡単に確認できます。
AR# 499
作成日 08/31/2007
最終更新日 03/25/2012
ステータス アーカイブ
タイプ 一般