AR# 50054

7 シリーズ - OSERDESE2 - TBYTE_CTL および TBYTE_SRC 属性の設定と OBUF がトライステートになる場合の影響について

説明

OSERDESE2 インスタンシエーション テンプレートには、次の属性が使用できます。

TBYTE_CTL => "FALSE", -- Enable tristate byte operation (FALSE, TRUE)
TBYTE_SRC => "FALSE", -- Tristate byte source (FALSE, TRUE)

これらはどのように設定するべきですか。 また、間違って設定されている場合はどうなりますか。

ソリューション

これらの属性は、OSERDESE2 を手動でインスタンシエートする場合はすべて FLASE に設定する必要があります。 これらの属性は、MIG で使用されるので、ユーザーは変更しないでください。

注記 : 合成ツールの中にはこれらの属性を間違って TRUE に設定してしまうものもあります。FPGA Editor の OLOGIC ブロックでこれらが TRUE と表示されているのに、MIG デザインまたはそれらのデザインが FALSE になるようになっていると、IOB が間違ってトライステートになります。
AR# 50054
日付 02/27/2013
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス