UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 50101

Logicore IP Aurora 64B66B v6.2 - Virtex-6 GTH トランシーバーを使用したホットプラグ アプリケーション用に Aurora 64B66B コアを使用する方法

説明

Aurora 64B66B v6.2 では、Virtex-6 GTH トランシーバーを使用したホットプラグ アプリケーションはサポートされていません。このアンサーでは、ホットプラグ アプリケーションで Aurora 64B66B を使用できるようにするためのガイダンスを説明します。

ソリューション


CLOCK_CORRECTION_CHANNEL_BONDING モジュールにある LINK_RESET ロジックは、ホットプラグ コンディションを検出するのに利用できます。あらかじめ決められている数のサイクルの間、valid_btf 文字が受信されない場合、これらの信号がアサートされます。これは、ケーブルが取り外されている状態を検出するのに役立ちます。ケーブルが取り外されているときは GTH がリセットされるように、トランシーバーの RX_PCS_CDR_RESET_IN 信号に LINK_RESET 信号を接続します。

ホットプラグを達成するには、次の Aurora モジュールに変更を入れる必要があります。
  1. CLOCK_CORRECTION_CHANNEL_BONDING
  2. RX_GEARBOX
  3. aurora_64b66b_v6_2_WRAPPER



1. CLOCK_CORRECTION_CHANNEL_BONDING:

//assign LINK_RESET = 2'h0;
assign LINK_RESET = {link_reset_1,link_reset_0};

2. RX_GEARBOX:

// assign `DLY hdr_valid = ( odd && ({doutb[65],doutb[64]} == 2'b10 || {doutb[65],doutb[64]} == 2'b01) ) ? 1'b1 :1'b0;
assign `DLY hdr_valid = odd ? 1'b1 : 1'b0;

3. aurora_64b66b_v6_2_WRAPPER:

Declare the following wires - rx_pcs_cdr_reset, link_reset_c, resetdone_i

wire rx_pcs_cdr_reset;
wire[1:0]link_reset_c;
wire resetdone_i;


Code Edits:

// assign gth_tx_reset_comb_i = !tx_pcs_resetdone_i | RESET;
// assign rx_gb_reset_i = rx_pcs_cdr_resetdone_i && !RXRESET_IN;
// assign not_rx_pcs_cdr_resetdone_i = !rx_pcs_cdr_resetdone_i;

assign gth_tx_reset_comb_i = !resetdone_i | RESET;
assign rx_gb_reset_i = resetdone_i && !RXRESET_IN;
assign not_rx_pcs_cdr_resetdone_i = !resetdone_i;
assign rx_pcs_cdr_reset = link_reset_c[0];
assign resetdone_i=rx_pcs_cdr_resetdone_i & tx_pcs_resetdone_i;

AURORA_64B66B_V6_2_QUAD #
(
// Simulation attributes
.QUAD_SIM_GTHRESET_SPEEDUP (SIM_GTHRESET_SPEEDUP)
)
quad2_aurora_64b66b_v6_2_i
(
..
..
.RX_PCS_CDR_RESET_IN (rx_pcs_cdr_reset),
);
RX_GEARBOX #
(
.SYNC_CHAR(64'h7CFF_FFFF_E5AC_A9E8)
)
rx_gb_i
(
..
..
.slip(1'b1)
);\
CLOCK_CORRECTION_CHANNEL_BONDING #
(
.CH_BOND_MAX_SKEW (2'b10),
.CH_BOND_MODE (CHAN_BOND_MODE_0)
)
cbcc_gth_i
(
..
..
.LINK_RESET(link_reset_c)
);


注記 :
1. リンク リセット ロジックは、トランスミッターから CC 文字が送信されるものと想定するため、チャネル パートナーで CC 文字が送信されていることを確認する必要があります。
2. このアンサーでまとめられている手順は、ガイダンスを提供することを目的としています。コアの一部としてこの機能を組み込む予定はありません。
改訂履歴

2012/10/29 - v1.0 - 初版




reference.zip

添付ファイル

関連添付ファイル

タイトル サイズ ファイルタイプ
reference.zip 38 KB ZIP
AR# 50101
日付 03/02/2013
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
  • Virtex-6 HXT
IP
  • Aurora 64B/66B
このページをブックマークに追加