UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 50122

14.2、Zynq-7000 SoC - EMIO を介した UART モデム ラインの配線

説明

Zynq-7000 SoC UART のモデム ラインはどのように配線されますか。また使用されていないときはどの値に設定されますか。

ソリューション

TRM (UG585) には、UART (CTSN、DCDN、DSRN、RIN、DTRN、RTSN) のモデム信号が EMIO から配線されていると記述されています。Tx および Rx に MIO が使用されている場合であってもそうなります。

TRM での記述:

''The TX and RX interface can be mapped to either the EMIO interface or the MIO interface.The Modem control signals are only available through the EMIO interface." (Tx および Rx インターフェイスは EMIO インターフェイスまたは MIO インターフェイスにマップできます。モデム制御信号は EMIO インターフェイスを介してのみ使用可能です。)

使用されない場合、モデム信号はすべて Zynq-7000 SoC ボードの PL (プログラム ロジック) 側で 0 に接続されます。このため、これらの値を 0 にするには PL にビットストリーム コンフィギュレーションが必要です。ビットストリーム コンフィギュレーションがない場合は、これらの信号はフロートになるか、手動で 0 に設定する必要があります。

14.1 および 14.2 のツールの場合、UART モデム信号は、UART1 の Tx および Rx も EMIO を介して配線させ手いる場合にのみ EMIO で配線可能です。モデム信号が EMIO を介して配線されているときに同時に TX および RX を MIO を介して配線することは不可能です。

しかし、この問題は 14.3 およびそれ以降のバージョンで修正されていますので、モデム信号が EMIO を介して配線されているときも、UART の TX および RX を MIO を介して配線することが可能になっています。詳しくは次の図を参照してください。


 


 

 

 

AR# 50122
日付 05/17/2018
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
  • Zynq-7000
ツール
  • EDK
  • ISE Design Suite
  • PlanAhead
IP
  • AXI UART Lite
  • Processing System 7
Boards & Kits
  • Zynq-7000 SoC ZC702 Evaluation Kit
  • Zynq-7000 SoC ZC706 Evaluation Kit
このページをブックマークに追加