AR# 50146

7 シリーズ FPGA GTH トランシーバー - RX 終端使用モード

説明

このアンサーでは、7 シリーズ GTH トランシーバーの RX 終端の使用モードのプロトコルおよび使用例について説明します。

ソリューション

次の表には、RX 終端使用モードが含まれています。これは、『7 Series FPGAs GTX/GTH Transceivers User Guide』 (UG476) v1.8 の「RX Analog Front End」セクションに記述されています。

使用モード 外部 AC カップリング 終端電圧 最大スイング mVDPP 推奨されるプロトコルおよび使用例
1 On Gnd 1200 ポート設定 :
RXDFEAGCTRL[4:3] = 2'b01
属性設定 :
RX_CM_SEL[1:0] = 2'b01
2 On AVTT 1200 プロトコル :
LPM モードのバックプレーン
LPM モードの CEI-6 (1200 mVDPP)、
LPM モードのワイヤレス、
LPM モードの Serial RapidIO、
ポート設定 :
RXDFEAGCTRL[4:3] = 2'b10
属性設定 :
RX_CM_SEL[1:0] = 2b00
3 On 800mV 2000 プロトコル :
Optical IF (SONET/SDH/OTU)、
SFP+、HD/SD-SDI、
XAUI (1600 mVDPP)、GbE、
PCI Expressin DFE モードおよび LPM モード
DFE モードのバックプレーン、
DFE モードの CEI-6 (1200 mVDPP)、
DFE モードのワイヤレス、
DFE モードの Serial RapidIO、
DFE モードおよび LPM モードの Interlaken
ポート設定 :
RXDFEAGCTRL[4:3] = 2'b10
属性設定 :
RX_CM_SEL [1:0] = 2b11
RX_CM_TRIM[3:0] = 4b1010
4 Off Float 2000 プロトコル : GPON
ポート設定 :
回路インプリメンテーションによります。たとえば High Common Mode (RXDFEAGCTRL[4:3] = 2'b10)
属性設定 :
RX_CM_SEL[1:0] = 2b10

注記 : これは LPM でのみ動作します。
AR# 50146
日付 07/05/2013
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス