AR# 50185

14.x タイミング - 同じクロック ドメイン内でホールド タイム解析のクロックのはらつきが 0 になっている

説明


ソースとデスティネーションのクロックが同じである場合、ホールド タイム解析に使用されるクロックのばらつきは 0 ですが、セットアップ タイム解析では正の値になっています。なぜですか。

Slack (setup path): 0.014ns (requirement - (data path - clock path skew + uncertainty))
Source: clock_control/reset156_0 (FF)
Destination: top_10g_c/xge_interface/xaui_block/xaui_core/BU2/U0/G_XGMII.G_ELASTIC_BUFFER.elastic_buffer_i/asynch_fifo_i/rd_truegray_0 (FF)
Requirement: 6.200ns
Data Path Delay: 6.114ns (Levels of Logic = 0)
Clock Path Skew: -0.007ns (1.863 - 1.870)
Source Clock: clk156m_ref rising at 0.000ns
Destination Clock: clk156m_ref rising at 6.200ns
Clock Uncertainty: 0.065ns

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Slack (hold path): 0.010ns (requirement - (clock path skew + uncertainty - data path))
Source: top_10g_b/xge_interface/rxaui_block/rxaui_core/BU2/U0/xaui_i/transmitter/recoder/txd_out_17 (FF)
Destination: top_10g_b/xge_interface/rxaui_block/gtx_wrapper_i/gtx1_gtx_wrapper_i/gtxe1_i (HSIO)
Requirement: 0.000ns
Data Path Delay: 0.330ns (Levels of Logic = 0)
Clock Path Skew: 0.320ns (2.084 - 1.764)
Source Clock: clk156m_ref rising at 6.200ns
Destination Clock: clk156m_ref rising at 6.200ns
Clock Uncertainty: 0.000ns

ソリューション


ソースとデスティネーションのクロックが同じクロック ネットである場合、ホールド タイムは同じクロック エッジ間で解析されます。

Source Clock: clk156m_ref rising at 6.200ns
Destination Clock: clk156m_ref rising at 6.200ns

クロック ジッターは、ソースとデスティネーション両方のクロック到達時間に同じように適用されるため、ソース クロックとデスティネーションのクロックの間にクロックのばらつきはありません。この結果、クロックのばらつきは 0 と計算されます。
AR# 50185
日付 11/12/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール 詳細 概略