AR# 50332

13.3 タイミング - GTP と MCB CE 入力の間のクロック パスが PERIOD 制約の元で間違って解析される

説明


タイミング レポートで、GTP クロック出力から MCB CE 入力までのクロック パスが PERIOD 制約の元で解析され、セットアップ エラーが発生しています。これはクロック パスで、このパスには要件はありません。この問題の解決方法を教えてください。


ソリューション


このパスは解析されるべきではありません。この問題は ISE Design Suite 13.4 で修正されています。13.4 よりも古いバージョンの ISE でこれを避けるには、次のように UCF で TIG 制約を追加します。

# The following constraints is taking the above path as an example. User needs to do necessary changes to apply to his own design.

inst serdes_if/tile0_serdes_if_i/gtpa1_dual_i TNM = GTP_grp;
inst top_rtl/ddr_if/memc3_wrapper_inst/mcb_ui_top_inst/mcb_raw_wrapper_inst/samc_0 TNM = MCB_grp;
net top_rtl/ddr_if/c3_pll_ce_90 TPTHRU = thru_point;
TIMESPEC TS_GTP2MCB_TIG = FROM GTP_grp THRU thru_point TO MCB_grp TIG;
AR# 50332
日付 10/11/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール 詳細 概略