AR# 50430

Zynq 7000 - PlanAhead / ISE Design Suite - 「XST:528 Multi-Source Warnings on PS_SRSTB, PS_CLK, PS_PORB」という警告メッセージが表示される

説明


PlanAhead ツールまたは ISE Design Suite 14 で Zynq FPGA デザインをインプリメントすると、デザインの合成時に XST で次のような警告メッセージが表示されます。

WARNING:Xst:528 - Multi-source in Unit <system_processing_system7_0_wrapper> on signal <PS_SRSTB>; this signal is connected to multiple drivers.
Drivers are:
Primary input port <processing_system7_0_PS_SRSTB_pin>
Output port PS7:PSSRSTB of instance <processing_system7_0/processing_system7_0/PS7_i>

WARNING:Xst:528 - Multi-source in Unit <system_processing_system7_0_wrapper> on signal <PS_CLK>; this signal is connected to multiple drivers.
Drivers are:
Primary input port <processing_system7_0_PS_CLK_pin>
Output port PS7:PSCLK of instance <processing_system7_0/processing_system7_0/PS7_i>

WARNING:Xst:528 - Multi-source in Unit <system_processing_system7_0_wrapper> on signal <PS_PORB>; this signal is connected to multiple drivers.
Drivers are:

Primary input port <processing_system7_0_PS_PORB_pin>
Output port PS7:PSPORB of instance <processing_system7_0/processing_system7_0/PS7_i>

ソリューション


デバイス モデルでは、system_i/processing_system7_0/processing_system7_0/PS7_i でこれらのポートの方向が IN/OUT ポートとして定義されていますが、XPS プロジェクトおよびで生成されるラッパー ファイルおよび processing_system.v では方向が IN と定義されています。そのため、合成中に複数ドライバー警告が表示されます。

現在のリリースでは、これらの警告は無視しても問題ありません。

この問題は、ザイリンクス ツールの今後のリリースで修正される予定です。
AR# 50430
日付 11/07/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
ツール 詳細 概略
IP