AR# 50489

7 シリーズ - デザインでマルチブートが使用されておらず、BitGen の -g ConfigFallback オプションが設定されていない場合、RS0 および RS1 ピンが解放されず、「ERROR:Bitgen:145」というエラー メッセージが表示される

説明

デザインでマルチブートが使用されておらず、BitGen の -g ConfigFallback オプションが設定されていない場合、RS0 および RS1 ピンが解放されないのはなぜですか。

これらのピンをコンフィギュレーション以外で使用しようとしましたが、次のような BitGen エラー メッセージが表示されます。

ERROR:Bitgen:145 - Pin AD31 is a persistent pin, which means the configuration logic retains control of this pin after configuration.  However, a design component exists in its' IOB.  To ensure that design components are no placed in these IOB's, please rerun par with the persistent pins prohibited from use.

ERROR:Bitgen:145 - Pin AD30 is a persistent pin, which means the configuration logic retains control of this pin after configuration. However, a design component exists in its' IOB. To ensure that design components are not placed in these IOB's, please rerun par with the persistent pins prohibited from use.

ソリューション

デザインでマルチブートが使用されておらず、BitGen の -g ConfigFallback オプションが設定されていない場合でも、BitGen の Persist オプションが設定されていると、これらのピンは解放されません。

-g Persist オプションによって影響を受けるピンのリストは、(Xilinx Answer 51473) を参照してください。

AR# 50489
日付 09/15/2017
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス