UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 50546

FPGA Editor : 信号のプローブのためスクリプト ファイルを再生するのに時間がかかる

説明

FPGA Editor でスクリプトを使用して、パッドにわずかな数の信号をプローブしようとしています。

これらの信号の配線に 40 分もかかってしまいます。

どうすればこのランタイムを短縮させることができますか。

ソリューション

ISE 12.2 より、配線のデフォルトは [Resource Driven] ではなく、[Delay Driven] に設定されています。

このデフォルト設定を [Delay Driven] から [Resource Driven] に変更すると、ランタイムを著しく短縮できます。

この配線デフォルト設定は、GUI または、スクリプト ファイルに次の行を追加すると、設定できます。

setattr main route_all_style resource
setattr main route_select_style resource

AR# 50546
日付 10/09/2014
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
  • FPGA Device Families
ツール
  • ISE
このページをブックマークに追加