UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 50617

Kintex-7 および Virtex-7 FPGA プロダクション GTX トランシーバーのデザイン アドバイザリ

説明

このアンサーでは、7 シリーズ FPGA GTX トランシーバーのプロダクション シリコンに関連するアップデートを示します。

ソリューション


1. GTX ES およびプロダクション シリコンのビットストリームの互換性 :

ISE 14.1/Vivado 2012.1 またはそれ以前のバージョンでリリースされている 7 シリーズ FPGA Transceivers Wizard v2.1 またはそれ以前のバージョンで生成されている ES シリコンのビットストリーム (全 Kintex-7 デバイスおよび Virtex-7 ファミリの 7VX485T 用) は、GTX プロダクション シリコンでは使用できません。これらのデバイスのエンジニアリング サンプル (GES) とプロダクション シリコン間の GTX ビットストリームに互換性を持たせるには、ISE 14.2/2012.2 以降で 7 シリーズ FPGA Transceivers Wizard v2.2 以降を使用する必要があります。ただし、ビットストリームの互換性に関するその他の注意点について、(ザイリンクス アンサー 50906) を参照してください。

また、特殊な場合の CDR 属性設定については(Xilinx Answer 51884) に記述するとおり、ISE 14.3/Vivado 2012.3 以降で v2.3 のウィザードを使用する必要があります。

2. RX_DFE_XYD_CFG 属性 :

プロダクション GTX トランシーバーに対しては、RX_DFE_XYD_CFG 属性を 13'h0000 に設定する必要があります。ISE 14.2/Vivado 2012.2 の 7 Series FPGA Transceivers Wizard v2.2 では、このアップデートされた値でラッパーが生成されます。この値は ES シリコンでも使用できます。

3. GTXE2_COMMON 使用モード :

プロダクション GTX トランシーバーでは、(ザイリンクス アンサー 43339) で説明されている GTXE2_COMMON 使用モードの変更に必ず従ってください。デザインで CPLL のみが使用されている場合でも、GTXE2_COMMON モジュールをインスタンシエートする必要があります。そうでないと、BIAS_CFG がソフトウェア モデルで不正に 64'h0000000000000000 に設定されます。ISE 14.2/Vivado 2012.2 で 7 Series FPGA Transceivers Wizard v2.2 を使用する場合、GTXE2_COMMON モジュールは自動的にインスタンシエートされます。

4. GTX Transceiver パワーアップ/パワーダウン :

電流引き込みを最小限に抑えるには、VMGTAVCC、VMGTAVTT、VCCINT に推奨される GTX トランシーバー パワーアップ/パワーダウン シーケンスに従う必要があります。詳細は、(ザイリンクス アンサー 47817) を参照してください。この推奨される電源投入順は、Kintex-7 および Virtex-7 FPGA データシート (DS182) に含まれています。

改訂履歴
2012/10/26 - ビットストリームの互換性のセクションに特定デバイスのリファレンスを追加
2012/10/18 - ビットストリームの互換性のセクションをアップデート
2012/07/20 - 初版

アンサー レコード リファレンス

関連アンサー レコード

AR# 50617
日付 10/26/2012
ステータス アクティブ
種類 デザイン アドバイザリ
デバイス
  • Kintex-7
  • Virtex-7
このページをブックマークに追加