AR# 50634

AXI Bridge for PCI Express - Gen1X8 および Gen2X4 エンドポイント コンフィギュレーションでアドレス 0x0000_0000 へのメモリ書き込みが MSI 要求として処理される

説明

問題の確認されたバージョン : v1.03a
修正されたバージョンおよびその他の既知の問題 : (ザイリンクス アンサー 44969) を参照

アドレス 0x0000_0000 に書き込み (メモリ書き込み) を実行すると、要求が誤って MSI 要求として処理されます。エンドポイント コンフィギュレーションでは、コアで MSI 要求が検索されるべきではありません。

ソリューション


これは既知の問題で、ISE 14.3 で修正される予定です。

この問題を回避するには、axi_enhanced_rx_demux モジュールの「pkt_addr == msi_address && pkt_typr[4] == 1'b 0」の後に次の式を追加します。

&& C_ROOT_PORT == TRUE

変更後のコード :

if(pkt_addr == msi_address && pkt_typr[4] == 1'b 0 && C_ROOT_PORT == TRUE) begin

改訂履歴
2012/07/25 - 初版

注記 : 「問題の確認されたバージョン」は、最初に問題が発見されたバージョンを示します。問題はそれより以前のバージョンでも発生していた可能性がありますが、以前のバージョンではそれを検証するテストは実行されていません。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
44969 AXI Bridge for PCI Express - ISE 14.7 までの全バージョンのリリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
AR# 50634
日付 10/23/2012
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
IP