AR# 50720

XADC Wizard v2.1/v2.2 - リリース ノートおよび既知の問題

説明

このリリース ノートは、ISE Design Suite 14.2 でリリースされた XADC Wizard v2.1 および Vivado 2012.2 でリリースされた XADC Wizard v2.2 用です。

このアンサーには次の情報が記載されています。

  • 一般情報
  • 新機能
  • 修正点
  • 既知の問題
  • デバイス サポート

ソリューション

一般情報

XADC Wizard v2.1 および v2.2 では 7 シリーズおよび Zynq デバイスがサポートされています。このウィザードを使用して、I/O ポートの使用、ユーザー警告およびしきい値、チャネル シーケンサーをカスタマイズできます。

v2.1 および v2.2 での新機能

v2.1 および v2.2 に新機能はありません。

v2.1 および v2.2 での修正点

v2.1 および v2.2 には修正点はありません。

v2.1 での既知の問題

v2.1 XADC Wizard に既知の問題はありません。

v2.2 での既知の問題

v2.2 XADC Wizard に既知の問題が 2 つあります。

 

1) XADC Wizard サンプル デザインのタイミング シミュレーションを実行すると Vivado ツールでセットアップ タイムに関する警告メッセージが表示されることがあります。 

これは、DADDR およびクロックにリセットする RESET 入力の配線遅延のために表示されます。  

 

2) インスタンス名 INST が大文字であるために Verilog プロジェクトをインプリメントすると、Vivado ツールで次のようなクリティカル警告メッセージが表示されます。 

CRITICAL WARNING: [Designutils 20-1275] Could not find cell 'inst' within module 'core'

この問題を回避するには、<component_name>.v で INST を inst に変更します。

 

改訂履歴

2012/7/25 - 初版

AR# 50720
日付 09/04/2017
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス 詳細 概略