AR# 50739

MIG 7 Series - 予約済みの PUDC_B コンフィギュレーション ピンへのメモリ インターフェイス ピンの割り当て

説明

v1.6 リリースより前の MIG 7 Series GUI (14.2 に含まれる) では、メモリ インターフェイス ピンを予約されている PUDC_B コンフィギュレーション ピンに割り当てることが禁止されていませんでした。

このピンにはコンフィギュレーション時に強いプルアップまたはプルダウンが必要なため、メモリ ピンとしては使用できません。

ソリューション

MIG v1.6 から、PUDC_B ピンをピン割り当てに使用することはできなくなります。 

GUI でバンク選択モードとして [New Design] を選択した場合、MIG で PUDC_B ピンを含むバイト グループ (バンク 14、バイト T0) 全体を使用できません。 

PUDC_B ピンは専用の DQS ストローブ ピンに含まれており、DQS を配置できないのでこのバイト レーンは使用できません。

ただし、[Fixed Pin Out] モードを使用すれば、このバイト グループをアドレス/制御信号に使用できます。

標準の MIG フローでは PUDC_B を使用できないようになっていますが、バッチ モードなどでは、ピンが割り当てられたり、ピン検証で問題が検出されないこともあります。 

この問題は、ISE Design Suite 14.3 でリリースされる MIG v1.7 で修正される予定です。

AR# 50739
日付 08/13/2014
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
デバイス
IP