UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 50869

Zynq-7000 サンプル デザイン - PS UART を使用して「Hello World」を出力するために MicroBlaze を使用

説明

このサンプル デザインは、PL に MicroBlaze デザインを割り当てます。Zynq は SD カードからブートされ、ビットストリーム (MicroBlaze が含まれ、ブートループ アプリケーションで BRAM を初期化) および u-boot が読み込まれます。u-boot のプロンプトで、PS UART を使用して「Hello Wolrd」を出力する単純な MicroBlaze アプリケーションをデバッグするのに SDK を使用できます。

注記 : サンプル デザインは、Zynq-7000 で特定の機能をテストするための技術的ヒントを含むアンサー レコードです。コードの抜粋、スナップショット、図、またはザイリンクス ツールの特定バージョンでインプリメントされたデザインなどが記載されています。これらのヒントを今後のザイリンクス ツール リリースにアップデートして、サンプル デザインを必要に応じて修正することも可能です。これらのサンプル デザインに対するサポートには制限があります。

ソリューション

インプリメンテーションの詳細
デザイン タイプ PS および PL
ソフトウェア タイプ スタンドアロン
CPU シングル CPU
PS 機能 UART
PL コア BRAM、MICROBLAZE
ボード/ツール ZC702
ザイリンクス ツール バージョン EDK 14.2
その他の詳細 ブートループで初期化された MicroBlaze BRAM
アドレス マップ
Capture5.JPG

提供されているファイル
アーカイブされた XPS プロジェクト.
アーカイブされた SDK プロジェクト
ブロック図
Capture6.JPG

 
詳細な手順 
1.       アーカイブされた XPS プロジェクトを開きます。
2.       ビットストリーム system.bin を作成します。
3.       アーカイブされた SDK プロジェクトを開きます。
4.       download.bin を生成します。
a.       [Xilinx Tools] → [Program FPGA] をクリックします。
b.       [Bitstream] で system.bit を選択します。
c.       [BMM File] で system_bd.bmm を選択します。
d.       [Software Configuration] で [microblaze_0] に [bootloop] を選択します。
e.       [Program] をクリックします。
f.        Download.bin が作成されます。

5.       BOOT.BIN を作成します。

a.       [Create Boot Image] を開きます。
b.        zynq_fsbl_0.elf を追加します。
c.       bitstream download.bin を追加します。
d.        u-boot.elf を追加します。
e.       イメージを作成します。
f.        BOOT.bin が作成されます。

6.       SD カードに BOOT.BIN をコピーします。
7.       ターミナルを設定します (115200 ボー)。
8.       SD モードで Zynq をブートします。
9.       u-boot プロンプトで停止します。
10.    XMD で「connect mb mdm」と入力して接続します。
11.     TCP ポート番号 (1234) を記録します。
12.     [Debug As] をクリックして hello_world_on_mb を選択します。

a.       [Debug Configuration] を選択します。
b.      リモート デバッグを有効にします。
c.       ポート番号 (1234)
d.      [Debug] をクリックします。

13.   u-boot が引き続き実行中であることを確認します。
14.   デバッグを実行します。
15.   MicroBlaze により「Hello World」がターミナルに出力されます。

添付ファイル

関連添付ファイル

タイトル サイズ ファイルタイプ
mb_on_zynq.zip 14 KB ZIP
Sdk_Project_Zynq_Mb.zip 5 MB ZIP

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
51779 Zynq-7000 AP SoC - サンプル デザインおよびテクニカル ヒント N/A N/A
AR# 50869
日付 03/29/2013
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
  • Zynq-7000
IP
  • Microblaze
  • Processing System 7
Boards & Kits
  • Zynq-7000 All Programmable SoC ZC702 Evaluation Kit
このページをブックマークに追加