AR# 50884

Vivado - Vivado GUI でメッセージを削除または消去する方法

説明

デザインの現在のステートとは関係のないエラーまたは警告メッセージをメッセージ タブから削除したいのですが、確認する方法はありますか。

たとえば、Tcl コンソールで「get_cells my_cell」と入力しましたが、デザインをまだ読み込んでいないので、次のメッセージが表示されます。

[Common 17-53] User Exception: No open design. Please open a design before executing this command.

このメッセージには納得できます。 

しかし、デザインを開き、コマンドを再実行した後も、メッセージ タブおよびプロジェクト サマリのメッセージ セクションに、このメッセージはエラーとしてレポートされたままです。

このメッセージはデザインのステートとは関係がないため、メッセージ タブから削除したいと思います。

これは可能ですか。

ソリューション

Vivado 2013.1 以前のバージョンでは、特定プロセスに特化したメッセージでない場合、たとえば、Tcl コンソールのユーザー例外エラーなどは、削除できません。

Vivado 2013.2 以降のバージョンでは、構文エラー メッセージまたは Tcl コンソールで実行された無作為な Tcl コマンドにより生成されたメッセージをゴミ箱アイコンを使用して削除できるようになりました。

Vivado プロセスにより生成されたメッセージは、run やそのメッセージが生成されたプロセスをリセットしない限り、メッセージを削除するオプションはありません。


ただし、特定のプロセスに関連したメッセージを限定したり、非表示にできます。(Xilinx Answer 54851) を参照してください。

メッセージが特定プロセスに関連している場合は、問題が解決されてプロセスが再実行されると削除されるはずです。


また、プロジェクトまたはプロジェクト プロセスに関連していないエラーおよび警告メッセージを消去するには、Vivado IDE GUI および現在のプロジェクトを閉じてから、もう一度開いてください。 

この方法はどのバージョンの Vivado でも機能します。

AR# 50884
日付 09/07/2017
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール