AR# 50985

Vivado_HLS - ISE または Vivado をインストールせずに Vivado HLS をスタンドアロンで実行できるか

説明

ISE または Vivado Design Suite をインストールせずに、Vivado HLS (以前は AutoESL) をスタンドアロンで実行できますか。

ソリューション


AutoESL 2012.1 以前のバージョンは、ISE ツールとは別にインストールできます。ライセンスも別に必要で、RTL 合成 (XST や Synplify などの RTL 合成ツールが必要) およびインプリメンテーション (NGDBuild、MAP、PAR、BitGen などの ISE ツールが必要) 以外の操作を実行できます。

AutoESL のダウンロードは現在では提供されておらず、Vivado HLS をインストールする必要があります。

Vivado HLS は、Vivado Design Suite : System Edition と共にインストールされます。

AutoESL と Vivado HLS のライセンスは別です。ライセンスは、既存のザイリンクス ライセンス ファイルに追加できます。ライセンスに関する問題は、「ザイリンクス ソフトウェア ライセンスに関する問題の解決方法」アンサーを参照してください (ザイリンクス アンサー 32301)

Vivado HLS ライセンスに関するサポートは、(ザイリンクス アンサー 51081) を参照してください。

AR# 50985
日付 02/17/2013
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール 詳細 概略