AR# 51017

Artix-7 GTP Transceiver パワー アップ/パワー ダウンのデザイン アドバイザリ

説明

このアンサーでは、Artix-7 GTP GTP トランシーバーのパワー アップ/パワー ダウン シーケンスに関する推奨事項を説明します。

ソリューション


1. 推奨されるパワー アップ/パワー ダウン シーケンス :

最小の電流引き込みを達成するために推奨されるパワー オン シーケンスは、 VCCINT、VMGTAVCC、VMGTAVTT または VMGTAVCC、VCCINT、VMGTAVTT になります。最小の電流引き込みを達成するために推奨されるパワー オフ シーケンスは、パワー オン シーケンスと逆になります。

推奨されるシーケンスでない場合は、パワー アップおよびパワー ダウン中の VMGTAVTT からの電流引き込みが仕様よりも高くなる可能性があります。

VMGTAVTT が VMGTAVCC の前に電源投入され、VMGTAVTT - VMGTAVCC > 150mV、VMGTAVCC < 0.7V の場合、VMGTAVTT 電流引き込みは VMGTAVCC が引き上げられるとき、トランシーバーごとに 460mA 増加する可能性があります。電流引き込みの期間は最高 0.3* TMGTAVCC までになる可能性があります (GND から VMGTAVCC の 90% までの引き上げ時間) 。パワー ダウンでも同じです。

VMGTAVTT が VCCINT の前に電源投入され、VMGTAVTT - VCCINT > 150mV、VCCINT < 0.7V の場合、VMGTAVTT 電流引き込みは VCCINT が引き上げられるとき、トランシーバーごとに 50mA 増加する可能性があります。電流引き込みの期間は最高 0.3* TVCCINT までになる可能性があります (GND から VCCINT の 90% までの引き上げ時間) 。パワー ダウンでも同じです。

2. よく寄せられる質問 (FAQ) :

1.推奨シーケンスに沿っていない場合、これらの追加電流を何に追加すべきですか。
GTP 初期 ES シリコンの場合は、XPE 14.2 またはそれ以降のバージョンが使用されているものと想定しています。
推奨シーケンスが使用されている場合、追加電流は追加されません。
推奨シーケンスが使用されていない場合、前出の追加電流が XPE の数値に上乗せとなります。

2. 同時パワー アップ : VMGTAVCC および VMGTAVTT、または VCCINT および VMGTAVTT、またはこれら 3 つを同時にパワー アップしても大丈夫でしょうか。この場合、追加電流の引き込みはありますか。
パワー アップ中に VMGTAVCC < 0.7V (図の時間 T1) および VMGTAVTT - VMGTAVCC <= 150mV の場合、追加の電流引き込みはありません。パワー アップ中に VMGTAVCC >= 0.7V (図の時間 T1) の場合、VMGTAVTT 値に関係なく、追加の電流引き込みはありません。

パワー アップ中に VMGTAVCC < 0.7V (図の時間 T1) および VMGTAVTT- VCCINT <= 150mV の場合、追加の電流引き込みはありません。パワー アップ中に VCCINT >= 0.7V (図の時間 T1) の場合、VMGTAVTT 値に関係なく、追加の電流引き込みはありません。
これらのコンディションが満たされない場合は、追加電流を考慮する必要があります。

3. VMGTAVTT vs VMGTAVCC およびVMGTAVTT vs VCCINT の両方のシーケンスに沿っていない場合、VMGTAVTT の追加電流は累積しますか。
電源供給の電流増加は累積します。両方が同時に発生している場合は、VMGTAVTT で合計 510mA (460mA + 50mA) の追加になります。

4. この追加電流にはどのような影響がありますか。 また、この追加電流はいつ発生しますか。
この追加電流は、パワー アップおよびパワー ダウンでのみ発生します。GTP トランシーバーがパワー アップされて実行されはじめると、影響はなくなります。

5. 推奨されるパワー シーケンスに従って追加電流引き込みを回避する際の注意点は何ですか。
VMGTAVTT は最後にパワー アップする必要があります。VMGTAVCC および VCCINT は、VMGTAVTT の前にパワーアップする必要がありますが、この 2 つのどちらを先にパワー アップしてもかまいません。VMGTAVCCAUX には、推奨されるシーケンスはありません。これらが、推奨されるシーケンスが達成され、電流引き込みがないようにするための基準です。

改訂履歴
2012/08/22 -FAQ のセクションを追加
2012/07/26 - 初版

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
47852 7 シリーズ FPGA GTP トランシーバー - 既知の問題およびアンサー レコードのリスト N/A N/A
51456 Artix-7 FPGA のデザイン アドバイザリのマスター アンサー N/A N/A

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
51192 Artix-7 - 初期エンジニアリング サンプル (IES) の既知の問題のマスター アンサー N/A N/A
AR# 51017
日付 08/23/2012
ステータス アクティブ
種類 デザイン アドバイザリ
デバイス