UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

このページをブックマークに追加

AR# 51042

Vivado HLS - RTL をエクスポートすると「@E [IMPL-28] Failed to generate IP" or "@E [IMPL-4] 'xtclsh' cannot be found. Please check your PATH variable.」というエラー メッセージが表示される

説明


IP-XACT フォーマットの RTL をエクスポートすると、次のようなエラー メッセージが表示されます。
@I [IMPL-8] Exporting RTL as an IP in IP-XACT.
'vivado' is not recognized as an internal or external command,
operable program or batch file.
@E [IMPL-28] Failed to generate IP.


EDK の Pcore フォーマットの RTL をエクスポートすると、次のようなエラー メッセージが表示されます。

@E [IMPL-4] 'xtclsh' cannot be found. Please check your PATH variable.

ソリューション

RTL インプリメンテーションを実行するには、Vivado または ISE デザイン ツールを起動する必要があるので、ザイリンクス ツール パスが認識される必要があります。これには、いくつかの方法があります。

  • Vivado または ISE デザイン ツールでプロジェクトを作成し、Vivado HLS プロジェクトから RTL ソース ファイルをインポートします。RTL 出力または IP コアは <project>/solution<#>/impl フォルダーにあります。
  • Vivado または ISE コマンド ラインから <Xilinx_installation_directory>\Vivado_HLS\<xilinx_version_number>\bin\vivado_hls に移動して Vivado HLS を起動します。
  • Vivado HLS を起動する前に (ザイリンクス アンサー 39339) に記述されているようにザイリンクス環境を設定してください。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
47429 ザイリンクス Vivado HLS ソリューション センター - 重要な問題 N/A N/A

関連アンサー レコード

AR# 51042
日付 10/05/2012
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
ツール
  • Vivado - 2012.2