AR# 51121

Zynq-7000 SoC、USB - 準備完了済みエンドポイントへ dTD を追加しても認識されない

説明

dTD トリップワイヤー セマフォの usb.USBCMD [ATDTW] ビットを追加すると、準備完了済みのエンドポイントへ追加された dTD が無視されてしまいます。

ソリューション

dTD トリップワイヤー セマフォが追加された後、ソフトウェアがトリップワイヤー ビット = 1、ステータス ビット = 1 を読み出したとしても、エンドポイントは準備されない状態のままです。
影響:
深刻な問題です。
回避策:
ありません。
対象となる構成:
USB コントローラーを使用するシステム
対象となるデバイス リビジョン:(Xilinx Answer 47916) 「Zynq-7000 SoC デバイス - シリコン リビジョン間の相違点」を参照してください。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
47916 Zynq-7000 SoC デバイス - シリコン リビジョン間の相違点 N/A N/A
AR# 51121
日付 06/14/2018
ステータス アクティブ
種類 デザイン アドバイザリ
デバイス