UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 51128

Zynq-7000 デバッグ - Lauterbach T32 を使用して Linux カーネルをデバッグする方法

説明

Lauterbach T32 を使用して Linux カーネルをデバッグするにはどうすればよいでしょうか。

ソリューション


Lauterbach T32 を使用して Linux カーネル 3.3 をデバッグするには次の手順に従ってください。

Lauterbach の demo/arm/kernel/linux の下にある TRACE32 インストール ディレクトリに Linux Awareness パッケージがあるはずです。

git.xilinx.com から「Kernel hacking -> Compile the kernel with debug info」のデバッグ セクションでコンパイルされた Linux リポジトリをイネーブルにする必要があります。

Lauterbach から http://www.lauterbach.com/scripts.html にあるスクリプトを起動します。

このスクリプトの実行内容は次のとおりです。

- Zynq に接続
- vmlinux をダウンロード
- devicetree.dtb をダウンロード
- ramdisk イメージをダウンロード
- Linux カーネル シンボルを読み込む
- MMU を初期化
- Linux Awareness を初期化
- Linux を起動

注記 : Linux カーネルを実行する前に、ボードで FSBL および U-boot を実行する必要があります (DDR を初期化するためなど)。FSBL および U-boot を SD カードに含んだ BOOT.bin をコピーし、それからブートして U-boot プロンプトで停止します。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
50863 Zynq-7000 AP SoC - デバッグ N/A N/A
52599 Zynq-7000 AP SoC - オペレーティング システム開発 N/A N/A
AR# 51128
作成日 08/03/2012
最終更新日 11/20/2012
ステータス アクティブ
タイプ 一般
デバイス
  • Zynq-7000
ツール
  • EDK - 14.1
Boards & Kits
  • Zynq-7000 All Programmable SoC ZC702 Evaluation Kit