AR# 5114

FPGA Express 3.3 - パラレル ロジックがコードされると「Abort at 59」というエラー メッセージが表示される

説明

キーワード : FPGA, Express, Foundation, VHDL, Verilog, abort, 59, instantiate, 中止, インスタンシエーション

重要度 : 標準

概要 :
パラレル ロジックをコードすると、「Abort at 59」というエラー メッセージが表示されます。

ソリューション

Synopsys 社の内部エラー、「Abort at 59」による中止は、次のようなコードがあると発生します。

U1: BUFG port map (I => clk, O => clk_out);
clk_out <= clk;

このようなコードの場合、clk_out に対して複数ドライバが設定されているため問題が生じますが、FPGA Express ではエラー メッセージが表示されません。 この問題は 3.4 以前のバージョンのFPGA Express でも発生します。

割り当ての 1 つを削除し、合成し直すと、この問題は発生しません。
AR# 5114
日付 08/11/2003
ステータス アーカイブ
種類 一般