AR# 5128

LogiCORE PCI - S_WRDN 信号が有効な時期について

説明

キーワード : S_WRDN, ADDR_VLD, transaction, トランザクション, 処理

重要度 : 標準

概要 :
PCI32 ユーザー ガイドには、S_WRDN は ADDR_VLD の間有効で、トランザクションすべてが終了するまでホールドされるとあります。 この情報は正確ですか。

ソリューション

S_WRDN は ADDR_VLD のアサート後の次のクロックでサンプルされます。 つまり、High にアサートされると WRITE、Low にアサートされると READ になります。

ADDR_VLD がアサートされるのは、アドレス フェーズ中のみです。S_WRDN は、トランザクションの最後まで安定した値のままです。
AR# 5128
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般