AR# 51432

14.2 EDK - ChipScope AXI Monitor - ストリーミング インターフェイスに接続するとエラーが発生する

説明


ChipScope AXI Monitor をストリーミング インターフェイスに接続すると、次のようなエラー メッセージが表示されます。

ERROR:EDK - Could not connect MONITOR chipscope_axi_monitor_0's RESET MON_AXI_ARESETN to INSTANCE <peripheral>'s RESET port as the latter is itself un-connected
ERROR:EDK - Could not connect MONITOR chipscope_axi_monitor_0's RESET MON_AXI_ACLK to INSTANCE <peripheral>'s RESET port as the latter is itself un-connected

このエラーは、Create/Import Peripheral ウィザードで作成されたペリフェラルも含め、ストリーミング インターフェイスに接続されるペリフェラルで発生します。

ソリューション

このエラーは、ChipScope AXI Monitor のクロック ポートおよびリセット ポートが AXI4-Stream のクロック ポートおよびリセット ポートに関連付けられているために発生します。これらのポートが AXI4-Stream インターフェイスにない場合、AXI Monitor でクロックおよびリセットを接続できません。

この問題の回避策はいくつかあります。

  • AXI Monitor のクロック ポートおよびリセット ポートの接続を変更します。
  • system.mhs に MON_AXI_ARESETN ポートを含めます。
  • リセット信号がデバッグ ターゲット リセット ポートのリセット信号と同じであることを確認します。

BEGIN <peripheral>
PARAMETER INSTANCE = <peripheral_0>
PARAMETER HW_VER = 1.00.a
BUS_INTERFACE M_AXIS = <peripheral>_M_AXIS
BUS_INTERFACE S_AXIS = microblaze_0_M0_AXIS
PORT ACLK = clk_400_0000MHz
PORT ARESETN = proc_sys_reset_0_Interconnect_aresetn
END

BEGIN chipscope_axi_monitor
PARAMETER INSTANCE = chipscope_axi_monitor_0
PARAMETER HW_VER = 3.05.a
PARAMETER C_USE_INTERFACE = 1
BUS_INTERFACE MON_AXI_S = sdfsf_0_M_AXIS
PORT CHIPSCOPE_ICON_CONTROL = chipscope_icon_0_control0
PORT MON_AXI_ACLK=clk_400_0000MHz
PORT MON_AXI_ARESETN = proc_sys_reset_0_Interconnect_aresetn
END
  • AXI Monitor の代わりに ChipScope ILA コアを使用します。
    • XPS での ChipScope ILA コアの使用法は、データシート DS299 『LogiCORE IPChipScope Pro Integrated Logic Analyzer (ILA)』
      を参照してください。
  • MicroBlaze の MPD でクロックおよびリセットの BUSIF タグを拡張し、AXI4-S ポートを含めます。
    • 注記 : MicroBlaze の MPD をザイリンクス ツールのインストール ディレクトリで変更しないでください。
    • MicroBlaze コア <root>:/Xilinx/14.2/ISE_DS/EDK/hw/XilinxProcessorIPLib/pcores/microblaze_v8_40_a をコピーし、プロジェクト ディレクトリの pcore フォルダーに配置します。
    • XPS で microblaze_0 を右クリックして [Delete Instance] をクリックし、[Delete instance but do not remove the nets] をオンにして [OK] をクリックします。
    • [Project][Rescan User Repositories] をクックします。
    • [IP Catalog] ビューで [Project Local PCores] → [Processor] を展開表示します。
    • [MicroBlaze] を右クリックして [Add IP] をクリックし、[Yes] をクリックします。
    • ユーザー デザインの関連のコンフィギュレーションを選択します。
    • [Advanced] をクリックし、[Buses] タブで [Number of Steam Links] を 1 に設定して、[OK] をクリックします。
    • [User will make necessary connections and settings] をオンにします。XPS で自動的に接続および設定が指定されるようにもできますが、新しい LMB、BRAM、および BRAM CTRL インスタンスが作成されます。
    • 必要な接続を指定します。
    • [Project][Run DRC] をクリックし、エラーがないことを確認します。
AR# 51432
日付 02/14/2013
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
ツール
IP