AR# 51561

7 Series - Manual Timing Adjustment required when using a MMCM with Spread Spectrum Clocks.

説明

The 7 series MMCM adds spread spectrum clock generation using both center spread and down spread.

fig1.png
fig1.png

Figure 1: Center-Spread Modulation

fig2.png
fig2.png

Figure 2: Down-spread Modulation


When using spread spectrum in SS_MODE(CENTER_HIGH) or SS_MODE( CENTER_LOW), the center spread will increase the effective frequency ranges.
No versions of ISE Design Suite support automatic timing analysis for CENTER_HIGH or CENTER_LOW. Current versions Vivado Design Suite also do not support automatic timing analysis for CENTER_HIGH or CENTER_LOW.

ソリューション


スペクトラム拡散の周波数範囲を考慮するため、入力クロックに手動で制約を設定する必要があります。



次の表に、選択したスペクトラム拡散モード (SS_MODE)、入力周波数 (FIn)、および選択した逓倍値 (M) に基づく入力周波数の調整式 (FIN_SS) を示します。



入力周波数 [MHz]

M

入力周波数調整 (FIN_SS)

SS_MODE (CENTER_HIGH)

25 < FIN < 35

M=28

FIN_SS = FIN * 56 / 55

35 < FIN < 50

M=21

FIN_SS = FIN * 42 / 41

M=22

FIN_SS = FIN * 44 / 43

50 < FIN < 75

M=28

FIN_SS = FIN * 56 / 55

75 < FIN < 150

M=21

FIN_SS = FIN * 42 / 41

M=22

FIN_SS = FIN * 44 / 43

SS_MODE (CENTER_LOW)

25 < FIN < 35

M=56

FIN_SS = FIN * 112 / 111

35 < FIN < 50

M=42

FIN_SS = FIN * 84 / 83

M=44

FIN_SS = FIN * 88 / 87

50 < FIN < 75

M=56

FIN_SS = FIN * 112 / 111

75 < FIN < 150

M=42

FIN_SS = FIN * 84 / 83

M=44

FIN_SS = FIN * 88 / 87

SS_MODE (DOWN_HIGH)

25 < FIN < 35

M=28

FIN_SS = FIN

35 < FIN < 50

M=21、22

FIN_SS = FIN

50 < FIN < 75

M=28

FIN_SS = FIN

75 < FIN < 100

M=21、22

FIN_SS = FIN

100 < FIN < 150

M=21、22

FIN_SS = FIN

SS_MODE (DOWN_LOW)

25 < FIN < 35

M=56

FIN_SS = FIN

35 < FIN < 50

M=42、44

FIN_SS = FIN

50 < FIN < 75

M=56

FIN_SS = FIN

75 < FIN < 100

M=42、44

FIN_SS = FIN

100 < FIN < 150

M=42、44

FIN_SS = FIN







25MHz の入力クロックの場合のタイミング制約

SS_MODE (CENTER_HIGH) = 25 * 56/55 = 25.45MHz

SS_MODE (CENTER_LOW) = 25 * 112/111 = 25.23MHz

SS_MODE (DOWN_HIGH) および SS_MODE (DOWN_LOW) では拡散により周波数が低下するので、入力クロックに変更は不要です。

80MHz のクロックで (CENTER_HIGH) では M = 22、(CENTER_LOW) では M = 44

SS_MODE(CENTER_HIGH) =80 *44/43 = 81.86MHz

SS_MODE (CENTER_LOW) =80*88/87 = 80.92MHz

SS_MODE (DOWN_HIGH) および SS_MODE (DOWN_LOW) では拡散により周波数が低下するので、入力クロックに変更は不要です。

上記の変更は、すべてのバージョンの ISE Design Suite で必要です。
Vivado Design Suite の今後のバージョンでは、スペクトラム拡散クロックの使用方法に基づいて、タイミング制約が自動的に調整されるようにする予定です。

アンサー レコード リファレンス

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
47351 7 Series MMCM Spread Spectrum support details N/A N/A
AR# 51561
日付 02/12/2013
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス 詳細 概略
ツール