AR# 51737

XST によるゲーテッド クロック変換のサポート

説明

複数のゲーテッド クロックがデザインにあります。 

グローバル クロック バッファーを使用しない場合、クロック スキューが格段に大きくなり、その結果ホールドに関連する問題が発生します。

しかし、リソースが限られているため、ゲーテッド クロックをすべて BUFG に配線する余裕はありません。

 

Synplify を使用すると、ゲート ロジックにフリップフロップ CE ピンが使用されるようにゲーテッド クロックの変換が実行されます。

これは XST で利用できますか。

ソリューション

Synplify では、[Fix Gated Clocks] オプションがイネーブル ロジックをクロック パスから抽出し、適用可能な場合ゲーテッド クロックを変換します。

このソフトウェアは、AND、NAND、OR、または NOR ゲートを介するクロック ネットを次の方法で分離させます。

  • 同期エレメントの入力ピンの前にマルチプレクサーを挿入し、クロック ネットをクロック ピンに直接接続する
  • 専用のイネーブル ピンが利用可能な場合、ゲーティングをクロック入力ピンからこのピンに移動させる

 

次に、ゲーテッド クロックを除外する例を示します。

gated_clock.png

 

XST では、この機能は利用できません。

Synplify の syn_useenables 属性と同等の、use_clock_enable オプションがあります。

このオプションは主に、フリップフロップへのデータが追加のロジック (組み合わせロジックなど) を介して制御され、また、制御ロジックに専用のクロック イネーブル ピンを使用するかどうかを XST で指定するロジックに適用可能です。

Vivado 合成では、[gate_clock_conversionしようs] オプションが利用可能で、ゲーテッド クロックを変換できます。

AR# 51737
日付 11/18/2014
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール