UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 51798

Vivado - run を起動する前にリモート ホストへの接続をテストする方法

説明

Vivado Design Suite 2012.x の [Remote Hosts] ウィンドウでは、[Test] をクリックし、[config remote hosts] ダイアログ ボックスで選択されているリモート ホストの利用状況を確認できるようになっています。

ここで、run を実行する前に、何らかの理由でテストでエラーになったホストを手動で削除できます (ページ下の図を参照)

バッチ モードまたはスクリプト モードで実行しているときに、使用不可能なサーバーをチェックして削除する方法はありますか。

スクリプトで使用不可能なサーバーが指定されていると、スクリプトでエラーが発生します。 


たとえば、次のような Tcl スクリプトがあったとします。

launch_runs impl_1 impl_2 impl_3 impl_4 impl_5 -host {host001 1} -host {host002 -2}
-host {host003 -1} ... -host {host100 -1} -remote_cmd {ssh -q -o BatchMode=yes}

host003 がダウンしている場合、host003 が検出されないことが表示され、最初から Vivado ツールは停止します。

ユーザーはこの状況に注意を払い、コマンドを変更しなければなりません。

run を起動する前に指定のホストへの接続をテストし、有効なホストのみにジョブを投入できるコマンドがあると便利です。

ソリューション

この機能を実行する特定の Tcl コマンドはありません。

Vivado Design Suite 2012 では、gethostbyname メソッド (man ページを参照) を使用して GUI でのテストを実行しています。

ping コマンドを使用してもスクリプトでテストを実行できます。

test.png
test.png
AR# 51798
作成日 09/14/2012
最終更新日 05/12/2014
ステータス アクティブ
タイプ 一般
ツール
  • Vivado Design Suite - 2012.2