AR# 51878

Zynq-7000 デバッグ - ZC702 の FMC-105 上の Mictor コネクタへの PJTAG の配線

説明

このサンプル デザインでは、 XILINX HW_FMC-105-DEBUG ボードへの接続に ZC702 ボードの FMC1 コネクタが使用されます。 

TRACE ポートは EMIO を介して FMC-105 ボードの Mictor コネクタに配線されます。 

また、PJTAG は J16 の EMIO を介してメザニン ボードに配線され、J19 に接続されます。

これにより、Lauterbach 社製などのデバッガーで Mictor コネクタで使用可能な JTAG 接続を使用できるようになります。

ソリューション

インプリメンテーションの詳細

  • デザイン タイプ: PS & FPGA
  • ソフトウェア タイプ: スタンドアロン
  • PS 機能: TRACE
  • PL コア: ---
  • ボード/ツール: ZC702
  • ソフトウェア ツール/バージョン: EDK 14.7 / Vivado 2014.1


提供されているファイル

  1. アーカイブされた XPS プロジェクト
  2. IPI デザインの Tcl ファイル、HDL ラッパー ファイルおよび制約ファイル


 

注記: Vivado IP インテグレーターを使用して作成したデザインも添付されています。

  1. ZC702 をターゲットとする新しい Vivado プロジェクトを作成します。
  2. Tcl を実行してブロック デザインを作成します。
  3. 制約ファイルを追加します。
  4. 出力を生成します。
  5. HDL ラッパーを追加し、ビットストリームを生成します。

注記:

  1. 2014.1 での EMIO TPIU ブート問題の回避策が追加されています。詳細は、(Xilinx Answer 60755) を参照してください。
  2. (Xilinx Answer 60066) で提案されている回避策が Vivado プロジェクトの HDL ラッパーに追加されています。


注記: Lauterbach 社の POD によって、Mictor コネクタの PIN 14 に電力が供給されているかが確認されます。

FMC-105 カードの PIN 14 は接続されていません。

FMC-105 の PIN 12 と 14 を共にショートするには PIN 14 を VADJ に接続し、Lauterbach の電力チェックをパスする必要があります。

XPS プロジェクトを設定する手順:

1) 添付の図のとおりにボードの接続をセットアップします。

TCK => J16-6 => FMC1_LA30_P => E21 (Zynq のバンク)
TMS => J16-8 => FMC1_LA30_N => D21 (Zynq のバンク)
TDI => J16-10 => FMC1_LA31_P => A16 (Zynq のバンク)
TDO => J16-12 => FMC1_LA31_N => A17 (Zynq のバンク)

2) 添付の XPS プロジェクトからビットストリームを生成します (system.ucf での PJTAG 配線に注意)。

3) FSBL、system.bit、u-boot を含む BOOT.bin を構築します。

4) BOOT.bin を SD カードにコピーします。

5) SD カードおよび独立した JTAG からブートします。

6) ターミナルで u-boot プロンプトを待機し、自動ブートを停止します (この時点でレベル シフターは有効)。

7) デバッガーは Mictor コネクタを介して PJTAG および TRACE ポートへ接続します。

Vivado プロジェクトを設定する手順:

  1. ZC702 ボードをターゲットにしている空の Vivado プロジェクトを作成します。
  2. Vivado Tcl コンソールに次のコマンドを入力します。
    cd {<full directory of ipi_design_20141.tcl >}
  3. Vivado Tcl コンソールに次のコマンドを入力します。
    source mictor_ipi_14_1.tcl
  4. ブロック デザインを作成したら、その出力ファイルを生成します。
  5. ファイルが生成された後に、添付された design_1_wrapper.v を追加します。これは (Xilinx Answer 60066) の回避策です。
  6. Vivado プロジェクトに、制約ファイル (.xdc) を追加します。
  7. ビットストリームを生成します。
  8. ビットストリームを生成したら、インプリメントしたデザインを開きます。
  9. [File] メニューで、[Export Hardware for SDK] をクリックして、すべてのオプションをチェックします。
  10. SDK を起動したら、FSBL および BSP を作成します。
  11. FSBL で ps7_init.c を開き、「EMIT_MASKWRITE(0XF8803004, 0xFFFFFFFFU ,0x80000000U), の各行にコメントを入れます。
  12. ps7_init.c を保存し、FSBL をもう一度コンパイルします。
  13. hello world アプリケーションを作成します。
  14. FSBL の生成された ELF ファイルを使って BOOT.bin を生成し、ビットストリームを使用して hello world を実行します。


注記: ps7_init 実行前に PL がプログラムされている場合は、手順 11 および 12 は不要です。

セットアップ図:


添付ファイル

関連添付ファイル

タイトル サイズ ファイルタイプ
zc702mictor_2014_1.zip 6 KB ZIP
zc702_mictor_14_7.zip 1 MB ZIP

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
50863 Zynq-7000 SoC - デバッグ N/A N/A
AR# 51878
日付 05/18/2018
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
ツール
Boards & Kits