AR# 52088

XADC Wizard v2.3 - リリース ノートおよび既知の問題

説明

このアンサーでは、Vivado 2012.3 ツールでリリースされた XADC Wizard v2.3 のリリース ノートを示します。次の内容が記載されています。

  • 一般情報
  • 新機能
  • 修正点
  • 既知の問題
  • デバイス サポート

ソリューション


一般情報

XADC Wizard v2.3 では 7 シリーズおよび Zynq デバイスがサポートされています。このウィザードを使用して、I/O ポートの使用、ユーザー警告およびしきい値、チャネル シーケンサーをカスタマイズできます。

v2.3 の新機能

AXI4Lite インターフェイスをサポート

v2.3 の修正点

v2.2 コアの両方の問題を修正
XADC Wizard のサンプル デザインでタイミング シミュレーションを実行した場合のセットアップ タイムの問題を削除、Verilog コアでの不正な INST セル名の問題を修正

v2.3 の既知の問題

AXI-4Lite インターフェイスを選択して XADC Wizard v2.3 のタイミング シミュレーションを実行する場合、シミュレーションでエラーが発生します。これは、テストベンチにタイミング シミュレーションと論理シミュレーションの両方に使用されるサンプリング イベントがあるためです。

改訂履歴
2012/09/28 - 初版
AR# 52088
日付 10/05/2012
ステータス アーカイブ
種類 リリース ノート
デバイス 詳細 概略