AR# 52090

Clocking Wizard v4.3 - リリース ノートおよび既知の問題

説明

これは Vivado 2012.2 でリリースされた Clocking Wizard v4.3 のリリース ノートおよび既知の問題で、次の情報が記載されています。

  • 一般情報
  • 新機能
  • 修正点
  • 既知の問題

ソリューション


一般情報

Clocking Wizard v4.3 では 7 シリーズ FPGA および Zynq デバイスがサポートされています。

v4.3 の新機能

v4.3 での新機能はありません。

v4.3 の修正点

Virtex-6 をターゲットするとき、VHDL プロジェクトで MMCM_ADV モジュールが抜けていた問題が v3.6 で修正されています。
VHDL サンプル デザインのシミュレーションで CLK_OUT 周波数にエラーが出ていましたが修正されました。
スペクトラム拡散がイネーブルになっているとセミコロンが抜けていた問題が修正されました。

v4.3 の既知の問題

Clocking Wizard v4.3 GUI の最初のタブにジッター最適化のオプションがあり、[Maximize Output Jitter Filtering] となっていますが、正しくは [Maximize Input Jitter Filtering] です。
AR# 52090
日付 10/05/2012
ステータス アーカイブ
種類 一般
デバイス