AR# 52122

MIG 7 Series DDR3/DDR2 - 合成ツールに Synplify を使用すると DQS_AUTO_RECAL パラメーターのためにエラーが発生する

説明

問題の発生したバージョン : MIG 1.7

MIG Series ではコアのコンフィギュレーションに基づいて DQS_AUTO_RECAL パラメーターが設定されます。

このパラメーターは、user_design\rtl\phy\mig_7series_v1_7_ddr_byte_lane.v モジュール内で定義されます。

このパラメーターは、XST を使用する場合は正しく設定されるのですが、Synplify の場合は間違って設定されます。

ソリューション

問題を回避するには、user_design\rtl\phy\mig_7series_v1_7_ddr_byte_lane.v モジュールで、次のように DQS_AUTO_RECAL パラメーターの設定を変更します。

変更前 :
 

localparam   DQS_AUTO_RECAL = (BANK_TYPE == "HR_IO" || BANK_TYPE == "HRL_IO" || (BANK_TYPE == "HPL_IO" && TCK > 2500)) ? 1 : 0;

変更後 :
 

localparam   DQS_AUTO_RECAL = (BANK_TYPE == "HR_IO" || BANK_TYPE == "HRL_IO" || (BANK_TYPE == "HPL_IO" && TCK > 2500)) ? "1" :" 0";

AR# 52122
日付 08/13/2014
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
デバイス
IP