UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 52126

2012.2 Vivado - 特定の Linux デスクトップから Vivado IDE を実行すると CPU 使用率が非常に高くなる

説明

特定の Linux コンピューターから Vivado 統合設計環境 (IDE) を実行すると、Vivado の速度が遅く、CPU 使用率が非常に高くなります (2 つの CPU で 100%、6 つの CPU で 40%)。

同じデザインと同じプロセスを使用して Vivado を別のシステムで実行すると、CPU 使用率は普通です。

また、Tcl モードで Vivado を実行する場合も、CPU 使用率は普通です。

ソリューション

2012 年 6 月 30 日にアップデートがあり、これが原因で、FUTEX 呼び出しを使用しているアプリケーション (Vivado など) で CPU 使用率が 100% になってしまいます。 

この問題は、Linux kernel バージョンが 2.6.22 およびそれ以降のものすべてに見られます。

この問題は FUTEX サブシステムによって発生し、タイミングが同期しなくなり、FUTEX 呼び出しでタイムアウトが返されます。

この呼び出しは継続的にループおよびタイムアウトを繰り返すため、CPU 使用率が高くなり、アプリケーションのパフォーマンスも遅くなります。

Vivado プロセスで strace を実行し、FUTEX への呼び出し回数が多くなっているかどうかを strace のログをチェックすることで、この問題が発生しているかどうかを確認することができます ('strace -f <PID>')。

システムの日付は「('strace -f <PID>')」コマンドでリセットできます。

このコマンドを実行した後、CPU 使用率および Vivado IDE の GUI のパフォーマンスは標準に戻るはずです。

AR# 52126
日付 05/20/2014
ステータス アーカイブ
種類 既知の問題
ツール
  • Vivado Design Suite - 2012.2
このページをブックマークに追加