AR# 52233

MIG 7 Series - デバッグ信号がイネーブルになると Vivado の GUI モードでエラーになる

説明

問題のあったバージョン : MIG 7 Series v1.7.a
修正されたバージョン : (ザイリンクス アンサー 45195) 参照

Vivado の GUI モードで MIG デバッグ信号をイネーブルにすると、MIG 7 Series でエラーが発生します。

これは、ChipScope コアがブラック ボックスとして推論されているからです。次のようなエラー メッセージが表示されます。

ERROR: [Opt 31-30] Blackbox CHIPSCOPE_INST.u_cs1 (vio_ain256_aout64_sout64) is driving pin I2 of primitive cell u_my_mig/u_mig_7series_v1_7_rld_memc_ui_top_std_i_2. This blackbox cannot be found in the existing library.

この問題は、Vivado の GUI で [Open IP Example Design] オプションを使用して作成した MIG サンプル デザインでも発生します。

ソリューション

この問題を回避するには、MIG で生成され /example_design/par/ および /user_design/par/ ディレクトリに含まれている vivado.tcl ファイルを使用します。

コマンド例 : 

vivado -source vivado.tcl -mode batch

改訂履歴
2012/10/16 - 初版

AR# 52233
日付 08/18/2014
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
デバイス
IP