UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 52247

LogiCORE IP Aurora 64B66B v7.1 - Virtex-6 GTH トランシーバーをターゲットにしている場合、両方のチャネル パートナーで PMA_INIT および RESET をアサートする必要がある

説明

Virtex-6 デバイスで GTH トランシーバーをターゲットにしている Aurora 64B66B コアで、Aurora リンクの一方をリセットすると、チャネルアップを High にするため、リンク パートナー Aurora もリセットする必要があります。このアンサーでは、この動作の理由を説明します。

ソリューション


Virtex-6 GTH トランシーバーをターゲットにしている Aurora 64B66B コアには、ほかのトランシーバーをターゲットにしたデュープレックス コアではなく、Gearbox がデバイスにインプリメントされています (Gearbox はこれらのトランシーバーの一部です)。正しく初期化するためには、このリンクの両サイドをリセットする必要があるというのが、インプリメンテーション要件です。Gearbox は操作を開始し、同期状態を保つために、常に既知パターンを検索するため、この要件を満たす必要があります。Gearbox スリップは、予期パターンにロックするため、入力データをスキャンし、ウィンドウをスライドします (この必須パターンなしには Gearbox はセルフアラインできない)。このため、Virtex-6 GTH デザインの場合は、両サイドをリセットする必要があるのです。

また、入力データ パターンにある既知パターンの境界を検出してロックするため、バイトレベルのスリップ ロジックをフォローするように、Gearbox は改善されています。

改訂履歴
2012/10/08 - 初版
AR# 52247
日付 10/12/2012
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
デバイス
  • Virtex-6 HXT
IP
  • Aurora 64B/66B
このページをブックマークに追加